ランス・ストロール、セーフティカー先導の1周のレースで10秒ペナルティ / F1ベルギーGP 決勝
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、レースが完全にセーフティカーの後ろでの走行となり、たった1周しか行われなかったにも関わらず、F1ベルギーGPで10秒ペナルティを科せられた。ストロールの過失ではないが。

前戦F1ハンガリーGPでのクラッシュによる5グリッド降格ペナルティにより、ランス・ストロールは最後尾からスタートする予定だったが、アルファロメオがキミ・ライコネンのリアウイングのアセンブリを交換してピットレーンスタートとなったことで19番グリッドに昇格。

さらにセルジオ・ペレスがレコノサンスラップでクラッシュしてグリッドに着けなかったことで、18番グリッドに昇格した。

その結果、ランス・ストロールは18位でセーフティカーの後ろをツアーしたが、遅延中に承認されていない変更をリアウイングに加えたとして10秒のタイムペナルティが課せられた。これにより、ストロールは最終リザルトで20位に分類された。

スチュワードは「レースが停止された期間中にアセンブリが変更されたが、レースの一時停止と同じ原則が適用される」と概説した。

通常、レギュレーション違反はピットレーンのスタートにつながるとアストンマーティンに伝えられたが、すべてのドライバーがピットレーンにいたため、スチュワードはそれを「無意味」と見なした。

代わりにスチュワードはランス・ストロールにドライブスルーペナルティを科すことを選択しましたが、レースが短縮されて消化することができず、10秒加算というより少ないペナルティが科された。

その結果、最終リザルトではキミ・ライコネンとセルジオ・ペレスの後ろにランス・ストロールが降格。結果は1周目の終わりに正式に取得された。

他の場所では、スタートのディレイの間にグリッド上でタイヤを交換した8位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)が調査された。

しかし、フェラーリはその間違いに気づき、状況を迅速に修正し、スチュワードはそれ以上の行動をとらないことを選択した。

2021年 F1ベルギーGP 最終リザルト
1.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
3.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
4.ダニエル・リカルド(マクラーレン)
5.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
6.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
7.エステバン・オコン(アルピーヌ)
8.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
9.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
10.カルロス・サインツ(フェラーリ)
11.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
12.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
13.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
14.ランド・ノリス(マクラーレン)
15.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
16.ミック・シューマッハ(ハース)
17.ニキータ・マゼピン(ハース)
18.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
19.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
20.ランス・ストロール(アストンマーティン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランス・ストロール / F1ベルギーGP / アストンマーティン