2021年01月のF1情報を一覧表示します。

トヨタ、ハイパーカー車両の名称は『GR010』との報道…1月15日に発表

2021年1月14日
トヨタ、ハイパーカー車両の名称は『GR010』との報道…1月15日に発表
トヨタが、2021年のFIA 世界耐久選手権(WEC)のハイパーカークラス(LMH)に参戦する新型車両の名称は『GR010』になると複数メディアが報道。偽装されていない最初の画像が公開された。

今年のWECでデビューする予定のこのマシンは、昨年10月に南フランスのポール・リカール・サーキットのテストで撮影されたもの。GR010ハイブリッドの完全なテクニカルパッケージは1月15日(金)に発表される予定となっている。

F1、新レギュレーション導入を2023年まで延期との報道を否定

2021年1月14日
F1、新レギュレーション導入を2023年まで延期との報道を否定
F1は、新型コロナウイルスの再流行を受けて、2022年に予定している新レギュレーションの導入をさらに1年遅らせることを検討しているとの報道を否定した。

昨年の新型コロナウイルス危機に対応して、F1上層部は、2021年に導入を予定していたレースを改善するために完全に新しいマシンへと切り替える新レギュレーションを2022年まで延期することに合意した。

レッドブルF1首脳 「角田裕毅には信じられないほどのスピードがある」

2021年1月14日
レッドブルF1首脳 「角田裕毅には信じられないほどのスピードがある」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが、2021年にアルファタウリ・ホンダでF1デビューする角田裕毅を評価している部分を語った。

レッドブルF1は、2021年にダニール・クビアトに代えて、ホンダF1と自身のジュニアドライバーである角田裕毅をアルファタウリ・ホンダF1からデビューさせることを決断した。

フェルスタッペン 「2021年のチームメイト選定について意見を伝えた」

2021年1月14日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「2021年のチームメイト選定について意見を伝えた」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年に誰とパートナーを組むべきかについてレッドブルに意見を伝えたが、それは純粋にチームとの良好な関係によるものだと語った。

昨年、チームメイトを務めたアレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに近づくことに苦労したが、アルボンはそのような状況に陥った最初のドライバーではなかった。

アルファタウリF1代表 「レッドブルはガスリーを簡単には手放さない」

2021年1月14日
アルファタウリF1代表 「レッドブルはガスリーを簡単に手放さない」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、F1のライバルチームがピエール・ガスリーとの契約に関心を示してきても驚くことではないが、レッドブルは簡単にガスリーを手放すことはないと考えている。

2017年シーズン途中にトロロッソからF1デビューを果たしたピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル。レーシングに昇格したが、わずか12戦で結果を出せないと判断させ、再びトロロッソへと降格させられた。

「アルファロメオのチームへの関与継続は将来のために不可欠」

2021年1月13日
「アルファロメオのチームへの関与継続は将来のために不可欠」とF1チーム代表
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、チームとアルファロメオの密接な提携は単なる“素晴らしい報酬”ではなく、チームの勝利アにとって重要な提携だと語る。

以前、ザウバーとして知られていたチームは、2018年にタイトルスポンサーとしてアルファロメオを迎えて『アルファロメオ・ザウバー』として参戦。これはF1で1950年と1951年に世界選手権を制したアルファロメオの1985年シーズン来の正式な関与となった。

ハースF1チーム、ニキータ・マゼピンがもたらす資金の重要性を認める

2021年1月13日
ハースF1チーム、ニキータ・マゼピンがもたらす資金の重要性を認める
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンを乗せることでチームを安定させるスポンサーシップがもたらされることを認めている。

ハースF1チームがロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンの両方が2020年シーズンの終わりにチームを去ることを発表した後、2021年にオールルーキーのラインナップに切り替わるという噂が急速に広まった。

ジェンソン・バトン 「コロナ禍がなければインディカーに参戦していた」

2021年1月13日
元F1ドライバーのジェンソン・バトン 「コロナ禍がなければインディカーに参戦していた」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、新型コロナウイルスのパンデミックによって計画が狂うことがなければ、今年、アロー・マクラーレンSPからインディカーに参戦する予定だったと語る。

当時は未確認の噂だったが、ジェンソン・バトンは2020年シーズンの前半にマクラーレンのインディカーチームでテストを実施すると噂されていた。

ジャック・ヴィルヌーヴ、フェラーリF1アカデミーの有用性を疑問視

2021年1月13日
ジャック・ヴィルヌーヴ、フェラーリF1アカデミーの有用性を疑問視
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの有用性に疑問を投げかけ、所属している大部分のドライバーが受けてきた財政的な支援を考えれば、それがなくても自分たちで今の位置まで到達することができたと主張する。

過去数年間、フェラーリはドライバー・アカデミーを通じて若い才能をサポート・指導しており、そこからシャルル・ルクレール、アントニオ・ジョビナッツィがF1に昇格している。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム