2021年01月のF1情報を一覧表示します。

2021年 F1バーチャルGP:現役F1ドライバーの参加は2人だけ

2021年1月31日
2021年 F1バーチャルGP:現役F1ドライバーの参加は2人だけ
2021年に復活するF1バーチャルGPだが、現役ドライバーの参加は2人だけとなっている。

新型コロナウイルスのパンデミックによって開幕が大幅に遅れた昨年、F1は公式ゲーム『F1 2019』を使用したF1バーチャルGPを立ち上げ、F1 Esportsの人気は急上昇。自宅に高価なシムレース環境を構築してゲーム実況するF1ファンもいた。

セルジオ・ペレス、レッドブルF1加入は「一生に一度のチャンス」

2021年1月31日
セルジオ・ペレス、レッドブルF1加入は「一生に一度のチャンス」
セルジオ・ペレスは、レッドブルF1加入は“一生に一度のチャンス”だと語り、2021年シーズン中にチャンピオンチームでああるメルセデスF1とトップを争えることを目指していると語る。

フォース・インディア/レーシング・ポイントで7シーズンを過ごしたセルジオ・ペレスは、今年、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレッドブル・ホンダに加わった。

メルセデスF1代表 「ベッテルはもう“偽る”必要はなくなった」

2021年1月31日
メルセデスF1代表 「ベッテルはもう“偽る”必要はなくなった」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ファンを驚かせたセバスチャン・ベッテルの髪の毛について“もう偽る必要はなくなった”と冗談交じりに語った。

今年、セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンF1で新しい冒険に乗り出す。誰もがベッテルの最初のグリーンの画像を楽しみにしていたが、シート合わせの動画で目を引いたのは短く刈り込んだヘアスタイルの頭頂部だった。

元フェラーリ会長 「バレンティーノ・ロッシにザウバーでF1参戦を提案した」

2021年1月31日
元フェラーリ会長 「バレンティーノ・ロッシにザウバーでF1参戦を提案した」
元フェラーリのCEOであるルカ・ディ・モンテゼーモロは、過去にバレンティーノ・ロッシにザウバーでのF1参戦をオファーしたことを明かした。

41歳のバレンティーノ・ロッシはまだMotoGPで活躍しているが、彼のキャリアはまったく違ったものになっていた可能性がある。ルカ・ディ・モンテゼーモロは、過去にバレンティーノ・ロッシにF1に参戦するチャンスを与えていたことを明かした。

角田裕毅、F1デビューに意気込み「ミスを恐れてはいない」

2021年1月31日
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅、F1デビューに意気込み「ミスを恐れてはいない」
角田裕毅は、2021年のF1グリッドで最年少ドライバーになることに臆することはないとし、デビューシーズンで“ミスを恐れてはいない”と語った。

FIA-F2での初シーズンとなった2020年、ホンダとレッドブルが支援する角田裕毅はランキング3位という傑出したパフォーマンスを見せ、2021年にダニール・クビアトに代わるピエール・ガスリーの新しいチームメイトとしてアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たす。

アストンマーティンF1、中国の吉利グループによる買収報道を否定

2021年1月31日
アストンマーティンF1、中国の吉利グループによる買収報道を否定
アストンマーティンF1は、中国の吉利グループに買収されるとの噂を否定した。

昨年、レーシング・ポイントのオーナーであるローレンス・ストロールはアストンマーティンの株式を買収してエグゼクティブチェアマンに就任。2021年のF1世界選手権からチーム名をアストンマーティンF1へと変更した。

F1特集:角田裕毅、史上最年少日本人F1ドライバー誕生

2021年1月30日
F1特集:角田裕毅、史上最年少日本人F1ドライバー誕生
2021年のF1世界選手権で角田裕毅がレーシングカート卒業からわずか4年でスクーデリア・アルファタウリからF1デビューを果たす。次世代を担う日本人スターのこれまでのキャリアと世界が彼に期待を寄せている理由を解説する。

目覚ましい早さでジュニアカテゴリーを駆け上がってきた角田裕毅が、2021年シーズンにピエール・ガスリーのチームメイトとしてF1のグリッドに並ぶ。

メルセデスF1 「レッドブルはホンダF1エンジン計画を成功させられる」

2021年1月30日
メルセデスF1 「レッドブルはホンダF1エンジン計画を成功させられる」
レッドブルがホンダのF1エンジンを継続することにライバルチームは意図的に反対しているのか? メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフがこの問題について語った。

レッドブルは、ホンダのF1エンジンの知的財産権を引き継ぐ、2022年に独自のエンジンプログラムを運用することを可能とするためにF1エンジンの開発凍結を求めている。今週、エンジン凍結を決する電子投票が行われるとされていたが、実際には行われなかった。

フェラーリF1、2021年マシン『SF21』を3月11日にシェイクダウンとの報道

2021年1月30日
フェラーリF1、2021年マシン『SF21』を3月11日にシェイクダウンとの報道
フェラーリは、2021年F1マシン『SF21』を3月11日にバーレーン・インターナショナル・サーキットで実施すると報じられている。

今週、フェラーリはフィオラノ・サーキットで2018年F1マシンを使用した5日間にわたるプライベートテストを実施。新加入のカルロス・サインツに走行機会を与えるだけでなく、チームメイトのシャルル・ルクレール、そして、ミック・シューマッハを含めた5名のアカデミードライバーも参加し、新シーズンへの準備を進めた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 29 | 30 | 31 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム