2020年11月のF1情報を一覧表示します。

フェルスタッペン 「新規則の目的はメルセデスを遅くすることではない」

2020年11月24日
フェルスタッペン 「新規則の目的はメルセデスを遅くすることではない」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2022年に導入される新しいF1レギュレーションがメルセデスの支配を阻止するために設計されているとの見方をはねつけ、F1は「レースをよりエキサイティングにする必要がある」と語る。

新型コロナウイルスの世界的な大流行による1年間の延期を経て、F1は2022年にまったく新しい技術規則に以降。ダウンフォースを削減し、ショーを改善することを目的として完全に新設計されたF1マシンが使用されることになる。

レッドブルF1代表が後悔した賭け:全裸でプールにダイブ

2020年11月24日
レッドブルF1代表が後悔した賭け:全裸でプールにダイブ / 2006年 F1モナコGP
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2006年にモナコのエナジーステーションのプールに全裸で飛び込んだ…映画『スーパーマン」がスポンサーについていたことでマントを羽織っていることはできたが…。

前戦F1トルコGPでレッドブル・レーシングとして300戦目を迎えたことを記念して、クリスチャン・ホーナーは、元F1ドライバーのデビッド・クルサードとともにポッドキャスト『Talking Bull』に出演。

レッドブルF1代表 「独自にF1エンジンを開発することは可能」

2020年11月24日
レッドブルF1代表 「独自にF1エンジンを開発することは可能」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダが2021年にF1から撤退した後、レッドブルが独自にF1エンジンを開発することは可能だと考えている。

前戦F1トルコGPでレッドブル・レーシングはF1での300戦目という節目を迎えた。過去にレッドブル・レーシングはセバスチャン・ベッテルととに4回のF1ワールドチャンピオンを獲得し、F1で最もスペクタクルなチームと見なされている。

セバスチャン・ベッテル 「フェラーリF1の問題はエンジンではない」

2020年11月24日
セバスチャン・ベッテル 「フェラーリF1の問題はエンジンではない」
セバスチャン・ベッテルは、今季のフェラーリF1の問題は単純にエンジンのパフォーマンス低下という理由だけで片付けられるものではないと語る。

先週、フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、フェラーリの今季のF1エンジンはメルセデスに50馬力劣っていると語った。

マクラーレンF1技術者 「2022年F1マシンは7秒も遅くはならない」

2020年11月24日
マクラーレンF1技術者 「2022年F1マシンは7秒も遅くはならない」
マクラーレンF1のテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは、2022年F1マシンが7秒も遅くなることはないと語る。

2022年のF1世界選手権では完全に新しいF1マシンが導入される。後続マシンへの乱気流を防ぐために車体表面ではなく、マシンの下でダウンフォースを発生させるグランドエフェクトマシンへと変貌を遂げる。その結果、現行マシンと比較して約6~7秒遅くなると予想するF1首脳陣もいる。

「アロンソのF1復帰が成功するとは限らない」とフェリペ・マッサ

2020年11月24日
「アロンソのF1復帰が成功するとは限らない」とフェリペ・マッサ
フェルナンド・アロンソのF1復帰は、彼の以前のチャンピオンシップのライバルでF1のレジェンドであるミハエル・シューマッハのように失敗する可能性がある。そう語るのはフェラーリ時代に二人とチームメイトを務めたことがあるフェリペ・マッサだ。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは2006年にF1から引退したが、2010年にメルセデスからF1に電撃復帰。だが、2012年に再びF1を引退するまで1回しか表彰台を獲得することはできなかった。

角田裕毅 「僕の夢はF1ワールドチャンピオンになること」

2020年11月24日
角田裕毅 「僕の夢はF1ワールドチャンピオンになること」
ホンダF1とレッドブルのジュニアドライバーである角田祐樹は、2021年にアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たせば、小林可夢偉以来のF1に参戦する日本人ドライバーとなる。だが、F1デビューをすることだけが目的ではない。角田裕毅は「夢はF1ワールドチャンピオンになること」だと語る。

この数年間は角田裕毅にとって激動のシーズンだった。ヨーロッパに戦いの場を移して2年以内、FIA-F3への挑戦はシングルシーターでの経験がわずか3年でのものあり、サーキットの知識はほとんどなかった。

「ルイス・ハミルトンは彼のすべての王座に真実性を与えた」

2020年11月24日
「ルイス・ハミルトンは彼のすべての王座に真実性を与えた」と元F1ワールドチャンピオン
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、記録的な7回目のF1ワールドチャンピオンを前戦F1トルコGPのような難しいレース制して勝ち取ったことで“彼のすべてのチャンピオンシップに真実味を追加した”と元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは語る。

英国のスヌーカー(ビリヤードの一種)のレジェンドであるロニー・オサリバンは、メルセデスのF1マシンの圧倒的な速さがあるとしてルイス・ハミルトンの素晴らしさに疑問を呈し、論争を引き起こした。

フェルナンド・アロンソ、2022年F1マシンの風洞作業のために元旦から出勤

2020年11月24日
フェルナンド・アロンソ、2022年F1マシンの風洞作業のために元旦から出勤 / ルノーF1
ルノーF1のスポーティングディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、フェルナンド・アロンソはF1復帰に“非常にやる気になっている”と語り、2022年の風洞作業がスタートする元旦からファクトリーに出勤することを志願していると語る。

マクラーレンでの4年間のスティントに失敗したフェルナンド・アロンソは、2018年末にF1かた離れたが、アルピーヌにブランド変更するルノーF1とともに2021年にレースシートに復帰する。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 36 | 37 | 38 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム