ロス・ブラウン 「ヘイローはロマン・グロージャンの命の恩人」 / F1バーレーンGP 決勝
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1バーレーンGPで大クラッシュを喫したロマン・グロージャン(ハース)の命を救うことにおいてヘイローが果たした役割を評価した。

ロマン・グロージャンは、F1バーレーンGPのオープニングラップでダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)との接触に続いて、ターン3でバリアに激しくクラッシュ。マシンは真っ二つにちぎれて炎上。だが、グロージャンは無事に脱出し、軽度の火傷で済んだ。

ロス・ブラウンは、FIA(国際自動車連盟)はバリアが壊れた理由とロマン・グロージャンのマシンがすぐに発火した原因を調査する必要があると述べた。

「起こってはならないことがたくさんあり、起こったすべての出来事について非常に深い分析をしなければならない」とロス・ブラウンは語った。

「火事が心配だったし、バリアの分割が心配だった。ポジティブな点はマシンの安全性であり、それが今日我々が理解したことだ」

ロス・ブラウンは、2018年の初めに導入されたときにその外観について多くの批判を受けていた安全デバイスのヘイローがロマン・グロージャンの命を救うことにおいて役割を果たしたと断固として主張した。

「バリアを突き抜けることは何年も前の古典的な問題だった。通常は致命傷に繋がった」とロス・ブラウンは語った。

「そして、この日を救い、ロマンとその背後にいるすべてのチームを救った要因(ヘイロー)が称賛に値することは間違いない。導入した時にかなり多くの論争があったことを思い出してほしい。今では誰もハローの有効性を疑うことはできないと思う。今日、ヘイローは命の恩人だった。関係者全員に敬意を表したい」

「G負荷も高かった。すべてが進行中に壊れるように設計されているため、すべてがどのように壊れたかを確認する必要がある。明らかに物事を壊滅的なものしたクラッシュは、予期しない方法で起こった。マシンがバラバラになり、燃料火災が発生した。これは長い間発生していなかったことだ。燃料セルは信じられないほど強力だ。接続が切断されたことが原因だと思う」

次のレースは1週間後に再びバーレーンで開催される。ロス・ブラウンは、分析後にトラックに変更を加える可能性があることを確認した。

「ロマンはあのバリアに非常に珍しいぶつかりかたをした。今から次のレースまでの間に非常に注意深い分析が行われるのは確かだ。これから次のレースまでに収集できる情報と次のレースで収集できる情報はすべて収集する」

「何か対策をする必要がある場合は、それが行われると確信している。我々が長い間見ていなかったものであり、サーキットの安全基準は並外れたものだと思っている。だが、今日は我々が予測していなかったものを目にした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / ロマン・グロージャン / F1バーレーンGP / ハース