2020年07月のF1情報を一覧表示します。

ピエール・ガスリー 「ホンダのF1エンジンは昨年とほぼ同じ」

2020年7月27日
ピエール・ガスリー 「ホンダのF1エンジンは昨年とほぼ同じ」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、フェラーリの2020年F1エンジンが決して、ホンダに対して大きく劣っているわけではないと語る。

2020年のF1世界選手権が開幕し、メルセデスのF1エンジンが大きな進歩を果たしたことが明らかになった。メルセデスと互角に戦えることを期待していたホンダのF1エンジンの進歩はそれに比べると小さな印象がある。

MotoGP:クラルタラロが開幕2連勝、中上貴晶が自己最高位の4位入賞

2020年7月27日
MotoGP:クラルタラロが開幕2連勝、中上貴晶が自己最高位の4位入賞 / 第3戦 アンダルシアGP
MotoGP 第3戦アンダルシアGPの決勝レースが7月26日(日)にヘレス・サーキット-アンヘル・ニエトで行われ、ポールポジションのファビオ・クアルタラロ(ヤマハSRT)が優勝を飾した。

気温26度、路面温度59度のドライコンディションの中、ポールポジションのファビオ・クアルタラロはライバルたちを圧倒するペースで引き離して優勝。シーズン緒戦となった第2戦スペインGPに続き2戦連続の優勝。最高蜂クラスのフランス人ライダーとしては史上初の2勝目を挙げた。

F1:セーフティカードライバーが新型コロナに感染したらどうなる?

2020年7月27日
F1:セーフティカードライバーが新型コロナに感染したらどうなる?
F1には、指定されたセーフティカードライバーが1人いる。ドイツ出身のベルント・マイランダーだ。だが、彼が体調が悪くなったり、新型コロナウイルスに感染した場合、グランプリは開催できるのだろうか? 答えは“イエス”だ。

2020年のF1世界選手権の再開にむけて、F1は厳格な衛生・安全対策を実施。サーキットに入る関係者は96時間おきにPCR検査を義務付けられ、移動や物流に関しては、「トラベル・バブル」と言う仕組みを採用し、それぞれが必要最小限の接触に留めるための方策が徹底されている。

元メルセデスF1代表 「レーシング・ポイント批判はフェアではない」

2020年7月27日
元メルセデスF1代表 「レーシング・ポイント批判はフェアではない」
元メルセデスのモータースポーツ責任者であるノルベルト・ハウグは、“ピンクメルセデス”として物議を醸しているレーシング・ポイントを批判しているライバルチームは“フェアでない”と語る。

メルセデスの昨年マシンを“コピー”したレーシング・ポイントの新車RP20は、その見た目だけでなく、パフォーマンス面でもオールマイティな特性を引き継いでおり、前戦ハンガリーGPではレッドブル・ホンダよりも戦闘力は高かったとも評価されている。

ダニエル・リカルド 「ベッテルにとって中団F1チームは未知の領域」

2020年7月27日
ダニエル・リカルド 「ベッテルにとって中団F1チームは未知の領域」
ダニエル・リカルドは、2021年にセバスチャン・ベッテルがミッドフィールドのチームに移籍することになれば“未知の領域”を経験することになるだろうと語る。

今シーズン限りでフェラーリF1を離脱することが決定しているセバスチャン・ベッテルは、F1に留まることを選択した場合、レーシング・ポイント移籍の可能性が最も高いと考えられている。

アレクサンダー・アルボン 「RB16の習得に時間がかかっている」

2020年7月26日
アレクサンダー・アルボン 「RB16の習得に時間がかかっている」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、RB16の基本性能は優れており、スピードもあるが、前年モデルに比べて習得に時間がかかっていると認める。

今年、メルセデスと互角に戦うことを目標に掲げてシーズンをスタートしたレッドブル・ホンダF1だったが、開幕3戦の結果をみれば、その目標は果たせていない。

F1特集:ラルフ・シューマッハ 歴代F1マシン

2020年7月26日
F1特集:ラルフ・シューマッハ 歴代F1マシン
ラルフ・シューマッハのF1キャリアを歴代F1マシンとともに振り返る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟であるラルフ・シューマッハは、1997年にジョーダンでF1デビュー。その後、ウィリアムズ、トヨタでF1を戦い、182戦で6勝、27回の表彰台を獲得。2004年のF1日本GPでは兄弟での1-2フィニッシュを達成している。

レッドブルF1 「我々の全盛期には様々なものが禁止された」

2020年7月26日
レッドブルF1 「我々の全盛期には様々なものが禁止された」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブルが最速マシンだった際、バーニー・エクレストンからマシンを遅くさせられており、メルセデスの優位性をそのままにしておくのは奇妙だと考えている。

レッドブルF1は、2010年から2013年までチャンピオンシップを支配。各シーズンのドライバーズタイトルとコンストラクターズタイトルを4連覇した。

セバスチャン・ベッテル、アルファタウリ・ホンダF1加入の可能性は?

2020年7月26日
セバスチャン・ベッテル、アルファタウリ・ホンダF1加入の可能性は?
セバスチャン・ベッテルのF1での今後についての噂は何週間にわたっても報じられている。現在、アストンマーティン/レーシング・ポイント加入の線が最も濃厚とされているが、レッドブル・レーシング復帰の可能性も言及されている。そして、3番目のチームがその候補として言及されている。

レッドブル復帰の可能性の噂については、とりわけ、クリスチャン・ホーナーとヘルムート・マルコが過去数週間でセバスチャン・ベッテルと多くのコンタクトをとっていることで煽られている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 |...| 69 | 70 | 71 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム