セバスチャン・ベッテル、アルファタウリ・ホンダF1加入の可能性は?
セバスチャン・ベッテルのF1での今後についての噂は何週間にわたっても報じられている。現在、アストンマーティン/レーシング・ポイント加入の線が最も濃厚とされているが、レッドブル・レーシング復帰の可能性も言及されている。そして、3番目のチームがその候補として言及されている。

レッドブル復帰の可能性の噂については、とりわけ、クリスチャン・ホーナーとヘルムート・マルコが過去数週間でセバスチャン・ベッテルと多くのコンタクトをとっていることで煽られている。

だが、当然ながら、それはレッドブル・レーシングのF1シートだと考えられているが、アルファタウリ・ホンダF1という可能性はないのだろうか? 元F1ドライバーのラルフ・シューマッハはその可能性に言及する。

「セバスチャンはそこから始まった。ヘルムート・マルコと同じようにフランツ・トストも彼の大ファンなので、私はそこで何かが始まるのは考えられると思う」とラルフ・シューマッハは Sky Germany に語る

ラルフ・シューマッハによると、アルファタウリ・ホンダF1加入の可能性は、レーシング・ポイントへの抗議の結果にも依存すると語る。抗議が却下された場合、アルファタウリはレッドブルと同じマテリアルにアクセスできる可能性がある。

「そうなれば、レッドブルは異なるアプローチを取り、両方のチームに同じマシンを与えると想像することができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / ホンダF1 / ラルフ・シューマッハ / アルファタウリ