2020年07月のF1情報を一覧表示します。

F1イギリスGP フリー走行1回目: 実況ツイート&Twitch

2020年7月31日
F1イギリスGP フリー走行1回目: 実況ツイート&Twitch
2020年のF1世界選手権 第4戦 F1イギリスGPのフリー走行1回目に関連するチーム、ドライバー、関係団体のTwitterの実況ツイートのまとめとTwitch配信。

第4戦の舞台となるのは“モータースポーツの聖地”シルバーストン。カレンダーの中でも随一の高速コースとして知られ、年月を経た現在もその人気が衰える気配はない。

ニコ・ヒュルケンベルグにレーシング・ポイントF1から代役の打診

2020年7月31日
ニコ・ヒュルケンベルグにレーシング・ポイントF1から代役の打診
ニコ・ヒュルケンベルグは、レーシング・ポイントF1からセルジオ・ペレスの代役としてF1イギリスGPに参戦するよう連絡があったことを認めた。

セルジオ・ペレスは、シルバーストンでの実施した新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たため、レースに出場することはできず、10日間の自己隔離に入る。

カルロス・サインツ 「フェラーリF1の詳細なリサーチには驚かされた」

2020年7月31日
カルロス・サインツ 「フェラーリF1の詳細なリサーチには驚かされた」
カルロス・サインツは、フェラーリF1が2021年のドライバーとして自分と契約することを決断するまでに実施していた詳細なリサーチに驚かされたと語る。

カルロス・サインツは、2019年にマクラーレンでブレーク。F1ブラジルGPではF1キャリア初となる表彰台を獲得するなどキャリアベストとなるランキング6位でシーズンを終えた。

F1:ニコ・ヒュルケンベルグの過去の“ピンク批判”ツイートが話題

2020年7月31日
F1:ニコ・ヒュルケンベルグの過去の“ピンク批判”ツイートが話題
ニコ・ヒュルケンベルグは、新型コロナウイルスに感染したセルジオ・ペレスの代役としてレーシング・ポイントF1からF1イギリスGP以降のレースに参戦すると報じられているが、それと同時に過去のツイートが話題を集めている。

F1イギリスGPに先立った新型コロナウイルス検査でレーシング・ポイントF1のセルジオ・ペレスが陽性反応が出たことで、レースの欠場が決定したともに10日間隔離されることになった。

ホンダのF1エンジン、メルセデスとの差は30馬力 / 2020年のF1世界選手権

2020年7月31日
ホンダのF1エンジン、メルセデスとの差は30馬力 / 2020年のF1世界選手権
ホンダの2020年型F1エンジンのメルセデスとの差は30馬力だと開幕戦3戦のGPSデータを元に Auto Motor und Sport が算出している。

F1パワーユニット時代の7年目となる今年、再びエンジンの馬力が脚光を浴びている。特にメルセデスは冬の間に大きな進歩を果たし、カスタマーのレーシング・ポイントとウィリアムズは特にエンジンパワーが物を言う予選で大きな飛躍を遂げている。

セルジオ・ペレス、新型コロナ感染でF1スペインGPを含めた3戦を欠場?

2020年7月31日
セルジオ・ペレス、新型コロナ感染でF1スペインGPを含めた3戦を欠場? / レーシング・ポイントF1
レーシング・ポイントF1のセルジオ・ペレスは、新型コロナウイルスに感染したことで、シルバーストンで開催される第4戦イギリスGPと第5戦70周年記念GPに出場できないだけでなく、第6戦のスペインGPの出場も危ぶまれている。

セルジオ・ペレスは、水曜日に受けた1回目の新型コロナウイルス検査で確定的な結果が出ず、木曜日に予定されていた記者会見を欠席。サーキット入りせずに自主隔離に入り、再検査の結果を待っていた。

マックス・フェルスタッペン 「メルセデスとの差に埋めるには時間が必要」

2020年7月31日
マックス・フェルスタッペン 「メルセデスとの差に埋めるには時間が必要」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGPに先立ち、2020年シーズン中にメルセデスに追いつけるように自分自身を鼓舞していると明かした。

マックス・フェルスタッペンは、2020年の開幕3戦で2回の表彰台を獲得しているが、レッドブル・ホンダのパッケージは勝利をかけてメルセデスと戦るレベルにはまだ到達していない。

「レッドブルF1はプログラム外のドライバー起用を除外していない」

2020年7月31日
「レッドブルF1はプログラム外のドライバー起用を除外していない」とデビッド・クルサード
レッドブルF1は、プログラム外のドライバーを起用することを決して除外しているわけではないと元ドライバーのデビッド・クルサードは語る。

現在、レッドブル・レーシング、アルファタウリ・ホンダから参戦する4名は全員レッドブルのジュニアプログラム出身のドライバーとなっている。だが、近年、若手ドライバーは枯渇気味であり、アレクサンダー・アルボンとダニール・クビアトは出戻り組だ。

ホンダF1:2020年 第4戦 F1イギリスGP プレビュー

2020年7月31日
ホンダF1:2020年 第4戦 F1イギリスGP プレビュー
ホンダF1は、2020年のF1世界選手権 第4戦 F1イギリスGPに、レッドブル・レーシング、アルファタウリ・ホンダとともに2チーム4台体制で挑む

1950年にF1世界選手権が開始して以来、自動車レースの母国とも言えるシルバーストン。カレンダーの中でも随一の高速コースとして知られ、年月を経た現在もその人気が衰える気配はない。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 69 | 70 | 71 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム