2020年06月のF1情報を一覧表示します。

キミ・ライコネンのF1引退を新型コロナウイルス危機が早める?

2020年6月30日
キミ・ライコネンのF1引退を新型コロナウイルス危機が早める?
元F1ドライバーのミカ・サロは、新型コロナウイルス危機がキミ・ライコネンをF1引退に近づけたかもしれないとと語る。

2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンは、Instagramでの投稿からも明らかなようにF1の長い中断期間を楽しんでいる。最近では息子ロビン君とカートで戦う動画が公開されている。

ホンダF1、レッドブル&アルファタウリの2020年公式グッズを発売開始

2020年6月30日
ホンダF1、レッドブル&アルファタウリの2020年公式グッズを発売開始
ホンダ公式ウエア&グッズオンラインショップで、レッドブル・レーシングとアルファタウリ・ホンダの2020年の公式グッズの販売が開始されている。

新型コロナウイルスの世界的な流行によって2020年のF1世界選手権は長い中断を余儀なくされ、残念ながら、ホンダF1にとってのホームレースである鈴鹿サーキットでのF1日本GPは中止となった。

レッドブル・ホンダF1代表 「ニューウェイは今年を好機と捉えている」

2020年6月30日
レッドブル・ホンダF1代表 「ニューウェイは今年を好機と捉えている」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、デザイナーであるエイドリアン・ニューウェイは今シーズンを好機と捉えており、ロックダウン中に様々なアイデアを発展させていたと語る。

新型コロナウイルスの世界的な流行によってF1は長期にわたる中断を強いられ、コスト削減の意味合いも含め、F1チームのファクトリーは63日間の閉鎖が義務付けられた。

「ウィリアムズF1には技術面のリーダーが必要」とパトリック・ヘッド

2020年6月30日
「ウィリアムズF1には技術面のリーダーが必要」とパトリック・ヘッド
ウィリアムズF1の共同創設者であるパトリック・ヘッドは、チームが崖っぷちから這い上がるには技術面のリーダーシップを強化する必要があると語る。

パトリック・ヘッドは1977年にフランク・ウィリアムズとともにチームを結成。その後27年間にわたってエンジニアリングおよびテクニカルディレクターを務め、ウィリアムズF1は7つのドライバータイトルと9つのコンストラクターチャンピオンシップを獲得した。

ルイス・ハミルトン 「F1はアフリカでの開催を検討するべき」

2020年6月30日
ルイス・ハミルトン 「F1はアフリカでの開催を検討するべき」
F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、F1が新しい開催地を検討する際にはアフリカに戻ることを優先事項とする必要があると考えている。

現在、アフリカは唯一グランプリが開催されていない大陸となっている。F1の大半はヨーロッパ、アジア、北米で開催されている。

アレックス・ザナルディ、2度目の脳神経外科手術 / F1関連

2020年6月30日
アレックス・ザナルディ、2度目の脳神経外科手術 / F1関連
アレックス・ザナルディは、入院先のシエナ大学病院で医師によって“必要”と見なされた2度目の脳神経外科手術を受けた。

アレックス・ザナルディが、ハンドサイクルレース中にトラックと正面衝突するという大事故に遭ってから10日が経過した。2001年のCARTでの恐ろしい事故で両脚を失ったザナルディは、最初の手術の後に集中治療室に入院し、神経外科医によって医学的に誘発された昏睡状態に置かれている。

F1:バーニー・エクレストン、人種政治のチェイス・キャリーに反撃

2020年6月30日
F1:バーニー・エクレストン、人種政治のチェイス・キャリーに反撃
元F1最高責任者のバーニー・エクレレストンは、F1内の新しい人種政治の動きに対して後継者のチェイス・キャリーに反撃した。

かつて40年にわたってF1を取り仕切ってきたバーニー・エクレストンは、最近CNNのインタビューで反人種的活動を行っているルイス・ハミルトンについて意見を求められた。

マクラーレンF1 「カルロス・サインツに情報を隠すようなことはしない」

2020年6月30日
マクラーレンF1 「カルロス・サインツに情報を隠すようなことはしない」
マクラーレンF1のCEOを務めるザク・ブラウンは、今シーズン末でフェラーリF1へと移籍するカルロス・サインツを今シーズンの情報から遠ざけることはないと語る。

マクラーレンF1は、2020年の最初のレースが行われる前にドライバーの一人がすでに2021年に別のチームにコミットしているという異常な状況に陥っている。今シーズン限りでカルロス・サインツは、セバスチャン・ベッテルの後任としてフェラーリF1に移籍する。

「レッドブル・ホンダF1はメルセデスの背後にいる」とフェルスタッペン父

2020年6月30日
「レッドブル・ホンダF1はメルセデスの背後にいる」とフェルスタッペン父
レッドブル・ホンダF1とマックス・フェルスタッペンには2020年のF1ワールドチャンピオン獲得を目指しているが、ヨス・フェルスタッペンはまだ完全にそれが可能なのかどうかは確信できていないと語る。

2020年のF1世界選手権は今週末にオーストリアで開幕する。現状ではバルセロナテストのデータからしか推測することはできないが、メルセデスF1が優勢なのは確かだ。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 37 | 38 | 39 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム