2019年05月のF1情報を一覧表示します。

ハースF1チーム | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームは、2019年のF1モナコGPの予選で、ケビン・マグヌッセンが6番手、ロマン・グロージャンが13番手で終えた。

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)
「片方のガレージは非常に良い一日だったと言えるだろう。ケビンは見事な仕事を果たした。これ以上は求められない。彼がフロントウイングを破損してしまったときのチームの対応は素晴らしかった。すべてがスムーズだった。とてもうれしいし、みんなと同じように誇りに思う」

マクラーレン | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 マクラーレン モナコGP
マクラーレンは、2019年のF1モナコGPの予選で、カルロス・サインツが9番手、ランド・ノリスが12番手で終えた。

アンドレアス・ザイドル (マネージングディレクター)
「チームとドライバーはあまり素晴らしくはなかったFP3からうまく挽回してよくやってくれた。FP2からFP3でクルマに加えた変更によって、どういうわけかペース面でライバルに対して後退してしまった」

ルノーF1チーム | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 ルノーF1 モナコGP
ルノーF1チームは、2019年のF1モナコGPの予選で、ダニエル・リカルドが7番手、ニコ・ヒュルケンベルグが11番手で終えた。

アラン・パーメイン (スポーティングディレクター)
「7番手にはとても満足できるが、我々には2台揃ってQ3に進出するペースがあったと感じているので少しほろ苦い結果でもある。ニコはほんのわずかに逃した。彼はターン8とターン10で少しロックしていたが、モナコで完璧なラップを刻むのは難しい」

トロロッソ・ホンダ | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 トロロッソ・ホンダ モナコGP
トロロッソ・ホンダは、2019年のF1モナコGPの予選で、ダニール・クビアトが8番手、アレクサンダー・アルボンが10番手で終えた。

ジョディ・エジントン (テクニカルディレクター)
「全体的に今日はかなり満足のいく一日だった。ドライバーとチームはクルマからパフォーマンスを引き出すために良い仕事をしていたし、その結果、成功してた予選となり、明日のレースに向けてまずまずのスターティングポジションを獲得することができた」

アルファロメオ・レーシング | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングは、2019年のF1モナコGPの予選で、キミ・ライコネンが14番手、アントニオ・ジョビナッツィが15番手で終えた。

フレデリック・ヴァスール (チームプリンシパル)
「期待していた結果ではない。特に今日の午後まではミッドフィールドの近くやトップにいたのでなおさらだ。我々はFP3後に前進を果たし、Q1もかなり良かったが、他チームの方がもっと多くを見い出したのは明らかであり、我々はレースでそのギャップを縮める方法を理解する必要がある」

レーシングポイント | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 レーシング・ポイントF1チーム モナコGP
レーシングポイントは、2019年のF1モナコGPの予選で、セルジオ・ペレスが17番手、ランス・ストロールが18番手で終えた。

オトマー・サフナウアー (チームプリンシパル)
「すべてのミッドフィールドチーム間のマージンは引き続き非常に拮抗しており、今日の我々はそのマージンの間違った側にいた。コンマ数秒が大きな違いが生むが、そうではなく、我々は落胆した気分で一日を終えることになった」

ウィリアムズ | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 ウィリアムズF1 モナコGP
ウィリアムズは、2019年のF1モナコGPの予選で、ジョージ・ラッセルが19番手、ロバート・クビサが20番手で終えた。

デイブ・ロブソン (シニアレースエンジニア)
「クルマのパフォーマンスはまだ期待外れだが、それでも今日の走行はうまくいった。両方のドライバーが木曜日からの走行を続け、再びミスを犯さなかった。クルマはプラクティスセッションを通して確実に機能していたし、それによって今週末は着実に進歩を遂げられている」

F1モナコGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数

2019年5月26日
F1 モナコGP タイヤ
ピレリは、F1モナコGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、今回のF1モナオGPにC3(ハード/ホワイト)、C4(ミディアム/イエロー)、C5(ソフト/レッド)という最も軟らかいレンジのコンパウンドを持ち込んでおり、決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用されなければならない。

ホンダ | 2019年 F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 ホンダ モナコGP
ホンダは、F1モナコGPの予選でレッドブル・レーシングとスクーデリア・トロ・ロッソの4台全てが今季初めて予選Q3に進出するなど、決勝に向けて力強いリザルトを獲得した。

レッドブル・レーシングはトップに近いところで予選を続け、Q2ではマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録。しかしながら、Q3では若干のトラフィックなどの影響もあり、明日のレースはメルセデスの2台に次ぐ3番グリッドからスタートすることになった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 |...| 67 | 68 | 69 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム