F1 ウィリアムズF1 モナコGP
ウィリアムズは、2019年のF1モナコGPの予選で、ジョージ・ラッセルが19番手、ロバート・クビサが20番手で終えた。

デイブ・ロブソン (シニアレースエンジニア)
「クルマのパフォーマンスはまだ期待外れだが、それでも今日の走行はうまくいった。両方のドライバーが木曜日からの走行を続け、再びミスを犯さなかった。クルマはプラクティスセッションを通して確実に機能していたし、それによって今週末は着実に進歩を遂げられている」

「昨日、現場とグローブの両方のエンジニアがクルマのセットアップとタイタの準備を改善するために懸命に仕事をしてくれた。チームはQ1をうまく実行するためにシームレスに活動した。ロバートとジョージは常にクリアな走行を楽しみ、限界までクルマをプッシュすることができた。残念ながら、クルマの純粋なペースは前のチームに挑戦できるほど良くなかった。イエローフラッグや他のドライバーの大きなミスはなく、根本的なパフォーマンスを上回るパフォーマンスを発揮する機会は与えられなかった」

ジョージ・ラッセル (19番手)
「予選を最大化できたと感じている。最後の自分のラップには満足できたし、すべてのラインを外さずにクルマから最大限を引き出すことができた。かなり楽しかったし、モナコのようなストリートでワンラップを完了するスリルを味わうことができた。レースに向けてはではしっかりコースにとどまって、ウオールを避けて、他の人のミスを活かしていく必要がある」

ロバート・クビサ (20番手)
「今日のコンディションはフィーリングとグリップという点で良かったけど、それは全員にとって当てはまることだ。ドライビングと運営という点ではやれることはすべてやったけど、ガレージを離れたときにトラフィックがあったのは不運だった。全体的にスムーズなセッションだったし、明日は難しいレースになるだろう」

関連:【動画】 2019年 F1モナコGP 予選 ハイライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1モナコGP