2011年07月のF1情報を一覧表示します。

ヴァージン:コンディションの変化に苦戦 (F1ハンガリーGP予選)

2011年7月30日
ヴァージン F1ハンガリーGP 予選結果
ヴァージンは、F1ハンガリーGPの予選で、ティモ・グロックが21番手、ジェローム・ダンブロシオが24番手だった。

ティモ・グロック (21番手)
「ここまでは簡単な週末ではなかった。昨日のマシンはオーケーだった。完璧ではないにしろ、少なくとも今日のための良いベースラインがあった。でも、残念ながら午前中に風が強くなって、マシンがトラックで流されているように感じた」

HRT:ヴィタントニオ・リウッツィが22番手 (F1ハンガリーGP予選)

2011年7月30日
HRTHRT F1ハンガリーGP 予選結果)<%
HRTは、F1ハンガリーGPの予選で、ヴィタントニオ・リウッツィが22番手、ダニエル・リカルドが23番手だった。

ヴィタントニオ・リウッツィ (22番手)
「全体的に良い予選セッションだった。特に週末に間にいくつか問題を経験していたので、22番手は良い結果だ。マシンにいくつか違ったことを試してみて、マシンバランスは改善した」()%>

F1ハンガリーGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2011年7月30日
F1 ハンガリーGP 予選
F1 ハンガリーGPの予選が30日(土)、ハンガロリンク・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番手にルイス・ハミルトン、3番手にジェンソン・バトンとマクラーレン勢が続いた。

小林可夢偉(ザウバー)は、Q2で敗退して13番手だった。

F1ハンガリーGP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2011年7月30日
F1 ハンガリーGP フリー走行
2011年 F1第11戦 ハンガリーGPのフリー走行3回目が30日(土)、ハンガロリンク・サーキットで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3番手にはジェンソン・バトン(マクラーレン)が続いた。

レッドブル 「ベッテルの手の怪我はたいした怪我ではない」

2011年7月30日
レッドブル 「ベッテルの手の怪我はたいした怪我ではない」
レッドブルは、セバスチャン・ベッテルの手の怪我はたいした怪我ではないと主張した。

セバスチャン・ベッテルは、金曜日フリー走行で右手にテーピングをして挑んでいた。

レッドブルは公式Twitterに「彼は何でも大袈裟にするんだ」とジョークを交えて投稿。

F1エンジンメーカー、ジル・シモンからPUREへの情報流出を懸念

2011年7月30日
ジル・シモン
F1エンジンメーカーは、FIAで働いていたジル・シモンが、新しい雇い主であるPUREに秘密情報を与えないよう保証を求めている。

ジル・シモンは、来月からクレイグ・ポロック率いるPUREに加入する。だが、彼の移籍は、彼が有しているエンジンメーカーの今後計画と設計がPUREにアドバンテージを与える可能性があるとエンジンメーカーに懸念を引き起こしている。

ザウバー、マネー・サービス・グループとのスポンサー契約を終了

2011年7月30日
ザウバー
ザウバーは、マネー・サービス・グループとのスポンサー契約を終了したことを発表した。

リヒテンシュタインに拠点を置くマネー・サービス・グループは、今年5月にザウバーとスポンサー契約を結んでいたが、最近になって破綻したことが報じられていた。

ザウバーの広報はその件に関して「コメントはない」と主張していたが、チームは30日にリリースを発表。「最新の事情を鑑みて」マネー・サービス・グループとの契約を終了したことを認めた。

マクラーレン:F1ハンガリーGP初日

2011年7月30日
マクラーレン F1ハンガリーGP 初日
マクラーレンは、F1ハンガリーGP初日のフリー走行で、ルイス・ハミルトンが1番手、ジェンソン・バトンが3番手だった。

ルイス・ハミルトン (1番手)
「高い位置で週末をスタートできるのは素晴らしい気分だね。ニュルブルクリンクよりもずっとスムーズな金曜日だったので、かなり満足している。バランスや燃料搭載量を考えるとマシンはかなり競争力がありそうだ」

フェラーリ:F1ハンガリーGP初日

2011年7月30日
フェラーリ F1ハンガリーGP 初日
フェラーリは、F1ハンガリーGP初日のフリー走行で、フェルナンド・アロンソが2番手、フェリペ・マッサが6番手だった。

フェルナンド・アロンソ (2番手)
「まずなにより、僕の30歳の誕生日を祝ってくれたみんなに感謝したい。特にプレスミーティングでジャーナリストと一緒に来てくれたバーニーには感謝してるよ! フェラーリとここで祝えたことは嬉しかった。少なくとも35歳まで一緒にいるチームだからね」
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 35 | 36 | 37 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム