ジル・シモン
F1エンジンメーカーは、FIAで働いていたジル・シモンが、新しい雇い主であるPUREに秘密情報を与えないよう保証を求めている。

ジル・シモンは、来月からクレイグ・ポロック率いるPUREに加入する。だが、彼の移籍は、彼が有しているエンジンメーカーの今後計画と設計がPUREにアドバンテージを与える可能性があるとエンジンメーカーに懸念を引き起こしている。

ルノーのエンジン責任者でF1委員会のエンジンメーカー代表を務めるロブ・ホワイトは、ジル・シモンがこれほど早く競争相手に移籍するのは理想的ではないと述べた。

「最初の反応はほぼ予想できているし、理解できる」とロブ・ホワイトは述べた。

「個人的にも専門レベルにも、最近の仕事、そしてフェラーリでの以前の仕事に関して、長年にわたってジルとは良い関係を持ってきた」

「もちろん、昨年の18カ月間におけるジルとFIAとの緊密な関係は我々全員にとって懸念だ。我々はルノーでジルに先例のないアクセスを与えたし、特に規約パッケージ沿ったエンジン開発プログラムの進捗に関しては、全てのエンジン会社がそうしたと思う」

「ジルが、FIAの代表として非常にに特権的な状況でアクセスした情報が競争相手の従業員としての新しい立場で使われないことを保証することを最も重要だ」

ロブ・ホワイトは、FIAの代表がライバルで働く可能性がある場合、それらが手渡されないための信用が必要だと付け加えた。

「非常に複雑なスポーツだ」とロブ・ホワイトはコメント。
「技術および競技レギュレーションがうまく管理されるように、我々はFIAに善人がいることを要求するし、彼らはチームにアクセスすることをもとめるだろう。同じ人間がその直後に異なるシャツを着て現れる可能性があるのであれば、リクスがあるし、管理される必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: PURE