2010年11月のF1情報を一覧表示します。

ルカ・ディ・モンテゼーモロ、可変リアウイング論争を懸念

2010年11月30日
ルカ・ディ・モンテゼーモロ、可変リアウイング論争を懸念
フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長は、2011年から導入予定の可変リアウイングが、2009年のダブルディフューザー論争の繰り返しにならないよう、規約が「完全に明白」であることを願っていると述べた。

昨年、ウィリアムズ、トヨタ、ブラウンGPが採用したダブルディフューザーがレギュレーション違反だとして多くのチームが異議を申し立てたが、FIAは合法と判定。フェラーリは怒りをあらわにしていた。

フェリペ・マッサ 「2011年にプレッシャーは感じていない」

2010年11月30日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサは、2011年シーズンに向けてプレッシャーは感じていないと主張する。

フェリペ・マッサは、頭部の負傷により途中欠場した2009年以来、2年間優勝から遠ざかっており、今年は新しいチームメイトであるフェルナンド・アロンソから108ポイントの6位でシーズンを終えた。

そのため、2012年までフェラーリと契約を結んでいるにも関わらず、フェリペ・マッサには絶えずシート喪失が囁かれている。

ポール・ディ・レスタ、フォース・インディアのシート獲得を狙う

2010年11月30日
ポール・ディ・レスタ、フォース・インディアのシート獲得を狙う
DTMチャンピオンを獲得したポール・ディ・レスタは、2011年のフォース・インディアのシート獲得を目指している。

「今年、フォース・インディアは素晴らしいチャンスを与えてくれた」とポール・ディ・レスタはコメント。

「F1チームに関わることはずっと僕の夢だったし、今年は彼らと素晴らしい経験ができた」

レース・オブ・チャンピオンズ、優勝はフィリペ・アルバカーキ

2010年11月29日
フィリペ・アルバカーキ
レース・オブ・チャンピオンズが28日(日)、ドイツで開催され、初参戦のフィリペ・アルバカーキが優勝した。

過去にレッドブルの若手ドライバープログラムに参加し、2010年ROC南ヨーロッパウィナーであるフィリペ・アルバカーキは、準決勝で今年のF1ワールドチャンピンのセバスチャン・ベッテルを下して決勝に進出。

決勝の相手は、WRCチャンピオンのセバスチャン・ローブ。3本勝負の1本目を制したフィリペ・アルバカーキは、2本目を落とすも、最終戦で好スタートをきったセバスチャン・ローブをかわし、初優勝を果たした。

アンディ・ショヴリン、メルセデスGPのチーフエンジニアに昇格

2010年11月29日
アンディ・ショヴリン
アンディ・ショヴリンが、メルセデスGPのチーフエンジニアに昇格した。

アンディ・ショヴリンは、2009年にブラウンGPでワールドチャンピオンを獲得したジェンソン・バトンのエンジニアを務め、今年はミハエル・シューマッハのエンジニアを担当していた。

今月初め、ミハエル・シューマッハとニコ・ロズベルグはそれぞれ新しいエンジニアを起用すると報じられており、アンディ・ショヴリンは「一般的なエンジニアリング職に就く」と報じられていた。

ルカ・ディ・モンテゼーモロ、フェラーリスタッフの解雇を否定

2010年11月29日
ルカ・ディ・モンテゼーモロ フェラーリ
ルカ・ディ・モンテゼーモロは、フェラーリが2010年のチャンピオンシップを逃したことで、スタッフの首を切るとの報道を否定した。

イタリアのメディアは、アブダビGPで戦略を誤りフェルナンド・アロンソがタイトルを逃したことで、チーフエンジニアのクリス・ダイアーがクビになると報じていた。

ルカ・ディ・モンテゼーモロは「チーム内の異動? それは我々のやり方ではない。我々は何年もの間、ダイナミックな安定性に基づいた方針を採用している」

ヘイキ・コバライネン、レース・オブ・チャンピオンズでクラッシュして失神

2010年11月29日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、レース・オブ・チャンピオンズでクラッシュ。一時的に意識を失っていたことを明かした。

アウディR8をドライブしていたコバライネンは「スロットルが戻らなくなって、リアサスペンションが壊れ、激しくクラッシュした。いくつか検査を受けた」と自身のTwitterでコメント。

クラッシュ時、助手席にはコバライネンのガールフレンドのキャサリン・ハイドが乗っていたが、彼女に大きな怪我はないようだ。

サンタンデール、2011年からスポンサーをフェラーリに一本化

2010年11月29日
サンタンデール フェラーリ
サンタンデールは、今季限りでマクラーレンへのスポンサーを終了し、フェラーリ一本に絞るようだ。

2010年、サンタンデール銀行はフェラーリとスポンサー契約を結んだ。

これまでスポンサーを務めていたマクラーレンでは、ドライバーのレーシングスーツにサンタンデールのブランドロゴは残ってされていたが、MP4-25のリアウイングからは取り除かれていた。

ポール・ディ・レスタ、2010年のDTMチャンピオンに輝く

2010年11月29日
ポール・ディ・レスタ
フォース・インディアのリザーブドライバーを務めるポール・ディ・レスタが、2010年のDTMチャンピオンに輝いた。

首位から3ポイント差の2位で上海でのレースを迎えたポール・ディ・レスタ。

ポールポジションからスタートしてレース前半をリードしたポール・ディ・レスタだが、ピットストップで後退。チームメイトでマクラーレンのリザーブドライブを務めるゲイリー・パフェットの後ろの2位でフィニッシュした。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 40 | 41 | 42 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム