2010年11月のF1情報を一覧表示します。

中嶋一貴 「国内も選択肢のひとつ」

2010年11月28日
中嶋一貴
中嶋一貴が、2011年のレース活動についての心境を語った。

2009年シーズン末にウィリアムズのF1シートを失い、今年はレース活動をしてこなかった中嶋一貴。28日(日)に行われたトヨタ・モータースポーツ・フェスティバルではフォーミュラ・ニッポンをはじめ、ファンの前で様々なレーシングカーをドライブ。

29日・30日にはフォーミュラ・ニッポンの合同テストへの参加が決定しており、国内復帰も噂される中嶋一貴が現在の心境を語った。

トヨタ 「もうTF110を提供することはない」

2010年11月28日
トヨタ
トヨタのモータースポーツ部主査を務める高橋敬三が、ヒスパニア・レーシングとの契約破綻、そしてTF110を含めたF1の技術提供について語った。

トヨタは、2010年用に開発したF1マシン「TF110」をヒスパニア・レーシングの2011年マシンとして提供する話を進めていたが、最終的に実現はしなかった。報道ではヒスパニア側の支払いが遅れたことが理由だとされている。

小林可夢偉 「本当の勝負は来年」

2010年11月28日
小林可夢偉
小林可夢偉が、ザウバーのチームリーダーの役割を担うことになる2011年への意気込みを語った。

来年ザウバーで2年目となる小林可夢偉は、チームメイトにルーキーのセルジオ・ペレスを迎え、チームを引っ張る立場になる。

「来年チームを引っ張るという役に関しては、正直いまどう説明したらいいのかわからないのですが、2年目にこういう役をもらうというのはなかなかないと思うし、ある意味そういう役をもらえて自分としては光栄だと思いつつ、本当の勝負は来年だなと思います」と小林可夢偉はコメント。

トヨタ・モータースポーツ・フェスティバル2010、2万5500人が熱狂

2010年11月28日
トヨタ・モータースポーツ・フェスティバル2010
トヨタは28日(日)、富士スピードウェイでファン感謝イベント「トヨタ・モータースポーツ・フェスティバル2010」を開催。2万5,500人のモータースポーツファンがサーキットを訪れ、トヨタのモータースポーツを体感した。

2001年にファン感謝イベントとして初めて開催、以来毎年行われているトヨタ・モータースポーツ・フェスティバルも今回で10回目を数えることとなり、この記念すべきイベントには、トヨタモータースポーツの歴史を築いてきた往年の名レーサーや、現在様々なカテゴリーで活躍するドライバー等70名ものゲストが参加し、イベントを盛り上げた。

中嶋一貴、エヴァンゲリオンのフォーミュラ・ニッポンカーをドライブ

2010年11月28日
中嶋一貴
中嶋一貴が、富士スピードウェイで開催された「トヨタ・モータースポーツ・フェスティバル2010」で、エヴァンゲリオンのカラーリングを纏ったフォーミュラ・ニッポンカーでデモ走行を行った。

エヴァンゲリオンレーシングのレーシングスーツを着用した中嶋一貴は、鈴鹿8耐で活躍したレーシングバイクとランデブー走行を実施。エヴァカラーの2台が富士スピードウェイを激走した。

小林可夢偉&中嶋一貴、トークショーで息ぴったり

2010年11月28日
小林可夢偉と中嶋一貴
小林可夢偉と中嶋一貴が、「トヨタ・モータースポーツ・フェスティバル2010」のトークショーに出演。息ぴったりのトークを披露した。

12歳の頃からお互いを知っているという二人。可夢偉の発言に一貴がフォローを入れるなど、大勢のファンの前で軽快なトークを展開した。

今年のベストレースを質問された小林可夢偉は「あえてトルコで」と今季初ポイントをあげたトルコGPのレースをあげた。

ROCネイションズカップ、ベッテル&シューマッハのドイツが4連覇

2010年11月28日
セバスチャン・ベッテルとミハエル・シューマッハ
レース・オブ・チャンピオンズのネイションズカップが27日(土)に開催され、ミハエル・シューマッハとセバスチャン・ベッテルがペアを組むチーム・ジャーマニーがネイションズカップ4連覇を果たした。

決勝に進んだのはチーム・ジャーマニーとチーム・イギリス(アンディ・プリオール&ジェイソン・プラト)。

3本勝負で行われた決勝では、まずミハエル・シューマッハがアンディ・プリオールを破り、一勝。しかし、2本目でジェイソン・プラトがセバスチャン・ベッテルを破って同点となり、シューマッハ VS プリオールの最終決戦となった。

佐藤琢磨 「2011年も100%インディカーシリーズで走ります」

2010年11月27日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、2011年もインディカーに参戦することを明言した。

F1と決別し、新天地インディカーシーズンで初シーズンを過ごした佐藤琢磨。27日(土)に都内で開催されたファンイベントの記者会見で、2011年への意気込みを語った。

「とにかくレースシーンに戻れたことが、僕にとっては大きなターニングポイントでした」とインディカー初年度を振り返った佐藤琢磨。

佐藤琢磨 「Takuma Club Meeting 2010」でファンに感謝

2010年11月27日
佐藤琢磨
佐藤琢磨が27日(土)、東京都内で毎年恒例となるファンイベント「Takuma Club Meeting 2010」を開催した。

今年からアメリカのインディカーに戦いの場を移した佐藤琢磨。インディカーのことをもっと知ってもらいたいという佐藤琢磨の意向から、トークショのテーマも「Takuma@America」と題して、第1戦から最終戦までの映像を佐藤琢磨が解説するというスタイルがとられた。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 40 | 41 | 42 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム