アントニオ・ジョビナッツィ、アルピーヌF1チームのテストに参加
アントニオ・ジョビナッツィが、今月後半にブダペストで開催されるアルピーヌF1チームのテストに招待されたことが明らかになった。

アルピーヌF1チームは、F1ハンガリーGPの会場であるハンガロリンクでドライバー開発プログラムで使用しているA521でテストを実施。テストの目的は明らかにされていないが、フェルナンド・アロンソとオスカー・ピアストリが空席にしたシートの候補者を見定める機会になるかもしれない。

そのテストにアントニオ・ジョビナッツィが参加するという。2021年までアルファロメオでF1に参戦したジョビナッツィは2023年のハースF1チームのシートにもリンクされている。

まず、テストにはアルピーヌ・アカデミーのメンバーであるジャック・ドゥーハンが参加。アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシは、ドゥーハンが2023年のF1ドライバー候補に入っていることを明らかにしている。

また、F1イタリアGPでアレクサンダー・アルボンの代役としてウィリアムズで鮮烈なF1デビューを飾ったニック・デ・フリース、2023年にアルファタウリでレースをするためにF1スーパーライセンス取得を目指しているコルトン・ハータも参加する予定とされている。

アルピーヌF1チームは、ピエール・ガスリーの獲得を目指しており、後任としてコルトン・ハータがアルファタウリに加入できるようにF1マシンでのマイレージを与えて、F1スーパーライセンス取得の手助けをすると考えられている。

コルトン・ハータのF1スーパーライセンス取得およびピエール・ガスリーの獲得が実現しない場合、アントニオ・ジョビナッツィ、ニック・デ・フリース、ジャック・ドゥーハンは2023年のドライバー候補となる。

アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシは、経験豊富なドライバーを求めていることを示唆しており、アントニオ・ジョビナッツィは良いポジションにいる。

だが、先週末のF1デビュー戦で9位入賞を果たしたことで、ニック・デフリースは現在空席のあるすべてのF1チームのリストの上位に位置付けられている。

「すぐに大きなポイントを獲得できるドライバーを見つける必要がある」とローラン・ロッシはチームのF1ドライバー選考プロセスについてモンツァで Autosport に語った。

「これは基本的に、我々をよりシニアドライバーへと導くことになるが、同時に我々と一緒に成長することができる。これらが我々が現在使用している基準だ」

「オトマー(サフナウアー)がプロセスをリードし、すべてのドライバーを見て、彼らと話し合い、オプションを評価し、ここで評価し、潜在的にテストで評価する。したがって、それはもう少し続くプロセスになると思う」

「我々は正しい決断を下したいと思っており、急いではいない」

アントニオ・ジョビナッツィは、F1イタリアGPの週末にモンツァでアルピーヌF1チームのホスピタリティ ユニットで目撃されている。ハースF1チームでFP1に出走したのはエンジンサプライヤーであるフェラーリの契約ドライバーであることが理由だが、他の場所でレースシートが保証されていればリリースされる。

F1イタリアGPでのハースF1チームとのFP1での堅実な結果は、アントニオ・ジョビナッツィにとってタイムリーな後押しとなった。

「来年は絶対にここにいたい。それは秘密ではないけど、自分の手に委ねられているわけではない」とアントニオ・ジョビナッツィはモンツァで語った。

「何ができるか見てみよう。今のところ、この2つのセッションで素晴らしい仕事をすることに集中している。1つが終了し、あと1回ある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / アルピーヌ