アルファタウリF1代表 「予算上限でAT03をアップデートできない可能性」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2022年シーズンは通常のようにレッドブル・テクノロジーズから型落ちのパーツを購入することに頼ることができないため、予算上限の制約に注意する必要があり、場合によっては2022年F1マシン『AT03』にアップグレードを投入できない可能性があると語る。

F1は新しい財政規則の2年目に入り、F1チームの予算上限は1億4000万ドルに縮小する。

支出の引き締めは、新しい技術規則の導入と一致している。つまり、次世代F1マシンに持ち越せる古いパーツはほとんどない。

その結果、アルファタウリF1は、新車AT03で2022年以前にメインのレッドブル・レーシングが使用するために設計された古いパーツを購入することはできない。

アルファタウリF1はその新しい追加のハードルにどのように対処しているかと質問されたフランツ・トストは「これは経済的なバランスだ」とフランツ・トストはRacingNews365.comに語った。

「たとえば、昨年(2021年)は、レッドブルが2年前に使用していたギアボックスとリアサスペンションを使用していた」

「2022年我々にとって、コスト上限に関して最も厳しい年になると思う」

「これまではコスト上限をはるかに下回っていた。それは問題ではなかった。しかし、今年は1億4000万ドルで、レッドブル・レーシングから新しいパーチを購入することでリミットに達している」

その結果、フランツ・トストは、シーズンの初めから予算を非常に注意深く監視する必要があると説明する。

「したがって、この状況は我々にいくつかの困難をもたらす可能性があり、最初から非常にうまく計算する必要がある」とフランツ・トストは語った。

「(今年は)新しい部品によってヘビーな年になるだろう。2023年は我々が見なければならないまた別の状況であり、それから我々は見てみるつもりだ」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今シーズンのアルファタウリの最大の技術的課題は、レッドブル・テクノロジーズによって設計および製造された最新仕様のギアボックスを使用するようにマシンを調整することであると説明した。

「彼らにとっての最大の変化は、同じギアボックスを採用することだ。なぜなら、通常、彼らは型落ちを使用しており、ロジスティクスの観点から非常に役立っているからだ」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「今年は、同じ仕様のギアボックスが両方に提供される。通常、設計のリリース日は我々のチームよりも少し遅いため、チームにプレッシャーをかける」

「それはホイールベースやそれらすべての側面を決定する。しかし、彼らはそれにうまく対処していると私は信じている。よく伝えられ、よく計画され、構造化されている。したがって、我々は大丈夫だと思っている」

2022年以降、F1レギュレーションが成熟し、アルファタウリが再び古いデザインを使い始めることができるようになれば、通常のサービスが再開されることを期待しているとクリスチャン・ホーナーは語った。

「正直言って、標準的な量になると思う。それ以上でも、それ以下の決定はない。基本的に、彼らはマシンの後部を採用することになるだろう」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

一方、アルファタウリF1が従業員を増やす意図があるか、もしくはそうする余地はあるかと質問されたフランツ・トストイは「ノー、ノー、ノー、我々は成長できない。これ以上成長することはできない。これまでのところ限界に達している」と語った。

「2022年は我々にとって困難な年になるでしょう。したがって、マシン自体が非常に高価になるという理由で、コスト上限内にとどまるために可能な限りお金を節約することを考慮に入れる必要がありる」

さらに、フランツ・トストは、2022年のパーツのコスト増加を考慮して、予算上限に合わせて支出を削減する必要があるため、シーズン中にいくつかのアップデートを導入できない可能性があると語った。

「コスト上限を尊重するために、おそらくいくつかのアップグレードは入れられないかもしれれない」とフランツ・トストは認めた。

「まだわからないがね。そうでないことを願っている。しかし、それは簡単なエクセサイズではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ