アルファタウリF1幹部 「角田裕毅にはまだ学ぶべきことがたくさんある」
アルファタウル・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは、角田裕毅はまだ学ばなければならないことがたくさんあるが、正しい方向に進んでおり、すでに順調な進歩を見せていると語る。

F1バーレーンGPでデビューを果たした角田裕毅は、予選Q1で2番手タイムを記録。13番グリッドからスタートした決勝では9位入賞を果たし、デビュー戦でポイントを獲得した。

この活躍により、早くも次期レッドブル・レーシングのドライバー候補、将来のF1ワールドチャンピオン候補との期待がなされている角田裕毅だが、アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは、まだ長い道のりがあると語る。

「彼は、F1に参加する若いドライバーと同じように、学ぶべきことがたくさんある。しかし、彼はすべてを段階的に行っている」とジョディ・エギントンは RacingNews365 に語った。

「彼は多くの情報を吸収し、非常によくコミュニケーションを取り、エンジニアとうまく連携している。彼は速い学習者だ」

角田裕毅とアルファタウリ・ホンダF1にとってはクリーンな週末ではなかったが、結果はシーズンの残りの部分に希望を与えるものだとジョディ・エギントンは語る。

「いくつか浮き沈みがあった。彼は本当に速いが、マシンにいくつかの問題があり、チームの他のメンバーと同じようにそれは彼を苛立たせた」とジョディ・エギントンは語る。

「しかし、それは我々を強くする。これまでのところ、非常にうまくいっている」

ジョディ・エギントンは、これまでチームが輩出した若いドライバーの長い歴史を考えると、アルファタウリ・ホンダF1は角田裕毅がF1デビューするには最適なチームだと信じている。

「傲慢に聞こえたくないが、チームは若いドライバーとうまく連携している。ここで運転した若いドライバーのリストを見れば、我々のエンジニアは優れていると言えるだろう」

「浮き沈みはさらに増えるだろうが、彼はパフォーマンスを発揮している。私にとってはそれが最も重要だ」

「彼は学ぶためにここにいる。全体として、彼はうまくやっており、正しい場所にいると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / 角田裕毅