アルファタウリ・ホンダF1 「2021年のドライバーは10月末に目星がつく」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2021年のドライバーラインナップは10月末までにはだいたい目星がつくだろうと語る。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1モナコGPで初優勝を果たしたピエール・ガスリーは2021年もアルファタウリ・ホンダで“チームリーダー”として留まると語っており、ダニール・クビアトに関しては「期待を下回っている」と語り、シート喪失が噂されている。

フランツ・トストは「ガスリーは素晴らしい走りを見せているが、ダニールはチームのミスによっていくつか後手に回った」と Speed Week にコメント。

「たとえば、シルバーストンでの彼の事故は、チームのミスだった」

ダニール・クビアトの去就についてフランツ・トストは「すべてがまだ時期尚早だ。ダニールはまだマシンとあまりうまくいっていないが、状況は変わる可能性がある」と Sports1 に語った。

しかし、レッドブルとホンダF1は、F2ドライバーの角田裕毅をダニール・クビアトの後任として起用する可能性がある。

角田裕毅は、F2初シーズンとなった今年に2勝を挙げて、現在ランキング4位につけており、F1スーパーライセンス取得を射程圏内に捕らえている。

角田裕毅が、アルファタウリ・ホンダのF1シートを獲得するには何をしなければならないかと質問されたフランツ・トストは「続けることだ!」とコメント。

「角田は初めてのF2シーズンで素晴らしい仕事をしている。それは確かだ。だが、実際のところは非常にシンプルだ。最終的には最速の者がコックピットを手に入れる」

だが、フランツ・トストは、決定を下すのは自分ではないとも明言する。


「4台のマシンのドライバーを決定するのはレッドブルでは2人だけだ。ディトリッヒ・マテシッツとヘルムート・マルコだ」とフランツ・トストはコメント。

「10月末までにもっと知ることができるとう」

10月の時点ではF2は2大会4レースが残っている。その段階で角田裕毅がランキング4位以上を確実にすることにできれば、F1デビューの道は開かれるかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1