【動画】 アルファロメオF1、2021年F1マシン『C41』をシェイクダウン
アルファロメオF1は、2021年F1マシン『C41』のシェイクダウンを完了させた。

アルファロメオF1は2月26日(金)、スペインのカタロニア・サーキットでフィルミングデーを使用して2021年F1マシン『C41』のシェイクダウンを実施。テスト兼リザーブドライバーを務めるロバート・クビサがC41の初走行を担当した。

アルファロメオF1は、2021年のシャシー開発のための2つのトークンを新型ノーズとフロント周りに使用。よりナローな形状と複雑な先端の空力処理が施されたノーズとフロントサスペンションを中心に、フロントウィング、フロントブレーキ、バージボードなど、空力的にも大規模な改良が施された。また、ホワイトとレッドを反転させたカラーリングも人気を呼んでいる。

昨年はコンストラクターズ選手権8位と低迷したアルファロメオF1だが、その一因となったフェラーリのF1パワーユニットも大幅な改良が施されているとされ、チーム代表のフレデリック・ヴァスールは「フェラーリの2021年型PUで問題の大部分は解決する」と自信をみせている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / F1動画