アレクサンダー・アルボン 「DTMよりもレッドブルF1のリザーブの仕事の方が重要」
アレクサンダー・アルボンは、レッドブルF1のテスト兼リザーブドライバーに任務が、DTM(ドイツツーリングカー選手権)でどんな結果を出すよりもF1復帰の可能性を確保する上で大きな役割を果たすと考えている。

アレクサンダー・アルボンは、2020年にチームメイトのマックス・フェルスタッペンに一貫して匹敵することができず、レッドブル・レーシングのシートを喪失。2021年にチームは元レーシング・ポイントのドライバーであるセルジオ・ペレスを起用した。

レッドブル・レーシングのシートを喪失したアレクサンダー・アルボンは、以前にトロロッソに降格させられたダニール・クビアトやピエール・ガスリーとは異なり、角田裕毅の台頭もあり、ジュニアチームのアルファタウリで2度目のF1チャンスをまだ与えられていない。

代わりにアレクサンダー・アルボンは、レッドブル・レーシングとアルファタウリの両方のテスト兼リザーブドライバーに就任しながら、2021年はAFコルセが運営するフェラーリ 488 GT3でDMTの選択されたラウンドに参戦する。

今月初めにスパ・フランコルシャンでGT3カーを走らせていたアレクサンダー・アルボンは、先週、ホッケンハイムで行われたDTMの公式プレシーズンテストに参加した。

DTMで成功を収めればアレクサンダー・アルボンの知名度は高まることになるが、アルボンはDTMプログラムの主な目的はレース勘を維持することであり、同シリーズをF1に復帰するための手段とは見なしていないと語る。

2022年にF1復帰を実現させるためにDTMへの参戦をどのように生かせるかと質問されたアレクサンダー・アルボンは「正直、それほど生きないと思う。僕の役割においては、チャンピオンシップ自体で自分にできるベストな仕事をすることの方が重要だ」とコメント。

「F1の多くは、おそらく他のドライバーのパフォーマンスとその側面にチャンスがあるかどうかにかかっていると思う。でも、そうだね、ここではそれほど多くの要件はない」

「DTMでは多くがBoPでどのように機能するかにかかっている。僕サイドでやっている仕事に限って言えば・・・もちろん、リザーブドライバー、シミュレーターの任務、テストにおける私の役割は、F1に戻る上ではるかに大きな役割だ」

アレクサンダー・アルボンは、ティモ・グロック(Rowe Racing BMW)、元レッドブルのF1ドライバーのクリスチャン・クリエン(JP Motorsport)と並んで、2021年のDTMグリッドで3人の元F1ドライバーの1人になる。

スポーツカーレースを長期的な選択肢と見なしているかと質問されたアレクサンダー・アルボンは「本音を言うと、それほどでもない。今のところはいい感じだ。そういう意味では、鋭さを保てるし、レース勘を保つことできる」とコメント。

「でも、僕はまだF1にいることを望んでいる。F1がうまくいかない場合はやその後は・・・どうなるか見てみるつもりだけどね。間違いなく100%ノーと言わない」

アレクサンダー・アルボンは、GT3マシンでブレーキングポイントを再調整する必要があると説明し、過去のF1の経験によって、自分はまだフェラーリをオーバードライブしていると認めました。

「GTレースは一般的に異なる」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「オー・ルージュは、思っていたほど全開ではない。でも、それは学習曲線だ。それを楽しんでいるし、異なる挑戦、完全に異なるドライビングスタイルだ。そもそも、コーナーの走り方や運転の仕方についての筋肉の記憶があるので、多くはオーバードライブだった。そういったプロセスを再開するようなものだ」

「でも、結局のところ、それはクルマだ。ハンドルがついていて、ペダルがついている。かなり素早く適応することができる。大丈夫だ」

「もちろん、それを運転する方法についてはまだ時間がある。でも、僕はそれを楽しんでいるよ」

アレクサンダー・アルボン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / DTM(ドイツツーリングカー選手権)