佐藤琢磨 「これほど嫌な気分を味わったことはない」 / インディカー

2015年7月27日
佐藤琢磨
佐藤琢磨が、インディカー 第13戦 アイオワのレース週末を振り返った。

前戦が終わってまだ6日しか経っていないというのに、ベライゾン・インディカー・シリーズの一行はミルウォーキーよりもさらに全長が短いアイオワ・スピードウェイを訪れたが、佐藤琢磨にとって残念な結果に終わったことには変わりなかった。

佐藤琢磨、サスペンショントラブルで19位 / インディカー

2015年7月19日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第13戦 アイオワの決勝レースを19位で終えた。

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、8列目イン側の15番グリッドからスタート。序盤はタイヤの空気圧がコンディションにマッチしていなかったためにスピードに乗りきれず、ピットストップごとに調整を行ってハンドリング向上を目指した。

佐藤琢磨、15番グリッドから決勝に挑む / インディカー

2015年7月19日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第13戦 アイオワの予選を15番手で終えた。

2011年にアイオワ・スピードウェイでインディカーキャリアでの初ポールポジションを獲得した佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、金曜日に行われたプラクティス1で13番手、プラクティス2では19番手のラップタイムを記録。

佐藤琢磨 「歯車がかみ合わなかった」 / インディカー

2015年7月18日
佐藤琢磨
佐藤琢磨が、インディカー 第12戦 ミルウォーキーのレース週末を振り返った。

手応えと失望。ミルウォーキーで開催されたベライゾン・インディカー・シリーズの一戦で佐藤琢磨とAJフォイト・レーシングが経験したことは、このふたつの言葉に集約できる。No.14 ダラーラ・ホンダはリードラップで14位フィニッシュを果たしたが、この結果はミルウォーキーの週末に彼らが示した恐ろしいまでのパフォーマンスをまったくといっていいほど反映していない。

佐藤琢磨、ミルウォーキーの決勝レースは14位 / インディカー

2015年7月13日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第12戦 ミルウォーキーの決勝レースを14位で終えた。

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、予選13番手からスタート。得意とするミルウォーキーで優勝争いを行う意気込みだったが、マシンセッティングがコンディションにマッチしておらず、1度目のピットストップを行った直後に周回遅れとなった。

佐藤琢磨、ミルウォーキーの予選は13番手 / インディカー

2015年7月13日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第12戦 ミルウォーキーの予選を13番手で終えた。

シリーズ第12戦の舞台となるザ・ミルウォーキー・マイルは、1903年からレースが開催され続け、”伝説のオーバル”というニックネームが冠せられたショートオーバル。

今年のミルウォーキーでは、予選と決勝を同じ日に行うスケジュールが採用され、スターティンググリッドを競い合う予選は、日曜日の午後12時半から行なわれた。

佐藤琢磨 「本当に悔しい幕切れだった」 / インディカー

2015年7月8日
佐藤琢磨
佐藤琢磨が、インディカー 第11戦 フォンタナのレース週末を振り返った。

カリフォルニアのフォンタナ・スピードウェイで繰り広げられていたアイゾッド・インディカー・シリーズの500マイル・レースが残り10周、つまり20マイル(約32km)となったとき、佐藤琢磨は優勝に向けてひた走っていた。

佐藤琢磨、レース終盤でクラッシュ / インディカー

2015年6月28日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第11戦 フォンタナのレースをリタイアで終えた。

9番グリッドからスタートした佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、47周目にトップに立つ。

500マイルの長距離でありながら、スプリントレースのように息をつく間もない激しさで戦いが展開され、アンドレッティ、ブリスコー、佐藤琢磨、レイホール、そしてカルロス・ムニョス(Andretti Autosports)と、5人のホンダドライバーによってトップの座が争われた。

佐藤琢磨、フォンタナの予選は9番手 / インディカー

2015年6月27日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第11戦 フォンタナの予選を9番手で終えた。

カリフォルニア州ロサンゼルスの郊外にあるフォンタナ・オートクラブスピードウェイでの500マイルレースは、昨年まではシーズンの最終戦として開催されていたが、今年はシーズン中盤である第11戦目に、日中のレースとして開催される。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム