佐藤琢磨、2度のドライブスルー・ペナルティーにより17位

2016年6月27日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、第10戦 ウィスコンシンの決勝レースを17位で終えた。

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、マシンのセッティングミスから予選は15番手で、スタート位置は厳しいものとなっていた。しかし、3回のプラクティスでマシンを高いレベルに仕上げることに成功していた上、ロード・アメリカはオーバーテイクポイントが複数存在するコースのため、絶対に上位進出できると考えてスタートに臨んだ。

佐藤琢磨、ロードアメリカで上位グリッド獲得を逃す / インディカー

2016年6月27日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、第10戦 ウィスコンシンの予選を15番手で終えた。

本日、実施されたコーラーGPアット・ロードアメリカの公式予選において、佐藤琢磨は上位グリッドを手に入れることができなかった。ただし、戦いの舞台となるロードアメリカにはオーバーテイク・ゾーンが豊富にあるので、追い上げを見せられるかもしれない。

佐藤琢磨 「8月27日は何度かイエローが提示されることを期待している」

2016年6月16日
佐藤琢磨
佐藤琢磨が、雨で延期となったインディカー 第9戦 テキサスのレース週末を振り返った。

テキサス・モーター・スピードウェイで開催されたベライゾン・インディカー・シリーズの一戦は、まるでひと夏かけて行う庭掃除のような様相を呈している。本来、このレースは6月11日にスタートが切られるはずだったが、1日延期となったばかりか、そのフィニッシュは天候の影響で8月下旬に持ち越しとされた。

佐藤琢磨、インディ500着用ヘルメット チャリティーオークション

2016年6月14日
佐藤琢磨
佐藤琢磨が第100回記念となったインディ500の決勝レースで着用したスペシャルヘルメットのオークションが本日より「ヤフオク!」にてスタートした。

ヘルメットはレースを終えた直後の状態で、無線、ドリンクチューブ、オイルやラバー、デブリ(破片)などが付着したまま保存されている。

チャリティ・オークションの収益(制作費や経費を除いた収益)は、落札額の10%を「ヤフオク! みんなのチャリティ」に募金し、残りの収益は「With you Japan」を通じて復興地の子供たちの支援に役立てられる。

佐藤琢磨、チームのホームサーキットで4番グリッドを獲得

2016年6月11日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第9戦 テキサスの予選で4番グリッドを獲得した。

これまでに佐藤琢磨がテキサス・モーター・スピードウェイでで獲得したベストグリッドは11番手だったが、今回は2ラップの平均で216.740mph(約346.8km/h)をマーク。10000分の1秒差で3番グリッド獲得を逃したものの、予選4位となった。

佐藤琢磨 「大きな期待を抱いていたので残念だった」 / インディカー

2016年6月11日
佐藤琢磨
佐藤琢磨が、インディカー第7戦・8戦 デトロイトのレース週末を振り返った。

ベライゾン・インディカー・シリーズで唯一のダブルヘッダー戦となるデトロイトGPは、これまで佐藤琢磨にとって宝の山も同然のレースだった。ところが今年は土曜日が11位で日曜日が10位に終わり、まずまずのポイントを稼ぎ出したものの、#14 AJフォイト・レーシング・ダラーラ・ホンダを駆る佐藤琢磨にはやや不満な結果に終わった。

佐藤琢磨、10位でフィニッシュ / インディカー 第8戦

2016年6月6日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第8戦 デトロイトの決勝レースを10位でフィニッシュした。

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、1周目のスタート直後に発生した多重アクシデントに巻き込まれた。すぐ目の前で起きた事故に反応し、ブレーキングで回避した佐藤琢磨だったが、後方から2台がぶつかってきたためにスピン。さらには1台が彼のフロントノーズにぶつかってきた。

佐藤琢磨は、デトロイトのレース1は11位 / インディカー 第7戦

2016年6月5日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第7戦 デトロイトの決勝レースを11位で終えた。

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)はデトロイトのコースで、2014年にはポールポジションを獲得し、昨年はレース2で2位フィニッシュを達成。今年のレース1も予選11番手から上位入賞を狙ってスタートしたが、マシンセッティングがコンディションにマッチしておらず、スタート直後から少しずつポジションを下げていく、苦しい戦いを余儀なくされた。

佐藤琢磨 「100回目という記念のインディ500に参加できて嬉しかった」

2016年6月4日
佐藤琢磨 インディ500
佐藤琢磨が、第100回 インディ500のレース週末を振り返った。

ときには、フィニッシュできなかったことが本当に辛いレースがある。とりわけ、それが記念すべき第100回のインディ500で、好結果が期待できそうな状況であればなおさらだろう。

しかし、残り36ラップ、あと100マイル(約160km)に満たない距離を走りきればいいだけになったとき、佐藤琢磨の身にまさにそんな不運が降りかかった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム