ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、2014年にF1復帰できる可能性は低いとし、来季もブラジルのストックカー選手権に留まりそうだと述べた。

ルーベンス・バリチェロは、2014年のF1シート獲得のためにスポンサーをまとめているとされ、ザウバーでのF1復帰の噂が浮上。バリチェロ自身もF1復帰に興味があると認めていた。

しかし、ザウバーのチーム代表モニーシャ・カルテンボーンは、ルーベンス・バリチェロの起用を否定しており、バリチェロ自身もストックカーに留まることを示唆した。

「チームやスポンサーと一緒に僕たちは契約更改を検討している」とルーベンス・バルチェロは Jovem Pan にコメント。

「それは直近の将来についてだ。ストックカーでの契約更改のね」

だが、F1史で最長のキャリアを過ごしたルーベンス・バリチェロは、F1をしばしば恋しく思うとも述べた。

「でも、僕はとても幸せな人間でもある。今ではレースを終えて午後5時には家族のもとに帰れる。生活の満足度は良くなった。何かを失う一方で何かを得るということだね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルーベンス・バリチェロ