ウィリアムズの2018年10月のF1情報を一覧表示します。

ランス・ストロール 「ポイントを獲得できなかったのは本当に残念」

2018年10月30日
F1 ランス・ストロール ウィリアムズ メキシコGP
ウィリアムズのランス・ストロールは、F1メキシコGPの決勝レースを12位で終えた。

「今日、ポイントを獲得できなかったのは本当に残念だった。もしかしたら、1ストップならいけたかもしれない。セルゲイが1ストップを成功させたからね。でも、第1スティントはコース上で別のポジションを争っていた」とランス・ストロールはコメント。

セルゲイ・シロトキン 「プライムタイヤで58周は素晴らしい仕事」

2018年10月30日
F1 セルゲイ・シロトキン メキシコGP
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1メキシコGPの決勝レースを13位で終えた。

「今日はチームとしてとてもうまく取り組めた。プライムタイヤでの58周の最終スティントを管理できたのは本当に素晴らしかった。残り10周でもまだ周りのクルマよりもタイヤは良かった。本当に良いリズムを掴んでいたし、前のクルマよりも多くのペースがあった」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

ウィリアムズ:2台揃ってQ1敗退 / F1メキシコGP 予選

2018年10月29日
F1 ウィリアムズ メキシコGP
ウィリアムズは、F1メキシコGPの予選で、ランス・ストロールが18番手、セルゲイ・シロトキンが19番手だった。

パディ・ロウ (チーフテクニカルオフィサー)
「非常に期待外れな一日だった。プラクティスで良いラップでタイムを刻んでいたし、我々のクルマがQ2に近づけるポテンシャルを感じさせていた。全体的にかなりタイトなグリッドだったように見える」

エステバン・グティエレス、2019年にウィリアムズでF1復帰を目指す

2018年10月28日
F1 エステバン・グティエレス ウィリアムズ
元ザウバーとハースのF1ドライバーであるエステバン・グティエレスは、2019年にウィリアムズでF1復帰を目指している。

2016年シーズン後にハースを放出されたエステバン・グティエレスは、それ以降にフォーミュラEとインディカーへのスポット参戦はあったものの、フルタイムでのレース活動は行っていない。

ウィリアムズ:F1メキシコGP 初日レポート

2018年10月27日
F1 ウィリアムズ メキシコGP
ウィリアムズは、F1メキシコGP初日のフリー走行で、ランス・ストロールが16番手、セルゲイ・シロトキンが18番手だった。

ランス・ストロール (16番手)
「いつも通りの金曜日だった。僕たちはかなり走行を行ったし、高度が高く、グリップが低いこのようなコンディションで多くのことを学んだ。今週末は僕自身、そして、エンジニアたちからいろいろと適用された。明日に向けていくつかのことを考えることがある」

ウィリアムズ 「ジョージ・ラッセル起用はメルセデス関連ではなく才能」

2018年10月25日
F1 ウィリアムズ ジョージ・ラッセル
ウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズは、2019年のF1ドライバーとしてジョージ・ラッセルを起用するという決定にメルセデスの影響はないとし、才能だけで選んだと主張している。

メルセデスは、ジョージ・ラッセルと育成契約を結んでおり、ジュニアカテゴリーから支援。また、ウィリアムズにカスタマーパワーユニットを供給している。

ウィリアムズ:両ドライバーともマクラーレン絡みの事故 / F1アメリカGP

2018年10月23日
F1 ウィリアムズ アメリカGP
ウィリアムズは、F1アメリカGPの決勝で、セルゲイ・シロトキンが13位、ランス・ストロールが14位で完走した。

パディ・ロウ (チーフテクニカルオフィサー)
「タフな一日だった。レースはかなり有望なものになる可能性もあったが、ランスにとっては最初の数コーナーで全てが悪い方向に進んだ。アロンソと接触し、我々は彼のフロントウイングを交換しなければならなかった」

ランス・ストロール 「少しミスはあったけどある程度予想通りの結果」

2018年10月21日
F1 ランス・ストロール アメリカGP
ウィリアムズのランス・ストロールは、F1アメリカGPの予選を18番手で終えた。

「正直、いつも通りだったし、ある程度予想通りではあったけど、最終セクターで少し失ってしまった。アロンソより上位を得られたかもしれないけど、Q2進出は無理だったと思う。コンマ数秒を縮めるのはかなり難しいからね。とてもタイトだった」とランス・ストロールはコメント。

セルゲイ・シロトキン 「少ない走行量でパフォーマンスを最適化できた」

2018年10月21日
F1 セルゲイ・シロトキン アメリカGP
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1アメリカGPの予選を17番手で終えた。

「今日の結果には満足すべきだと思う。特に今日の序盤の走行量を考えればね。僕たちはパフォーマンスをきちんと最適化できたと思う」とセルゲイ・シロトキンはコメント。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム