セバスチャン・ベッテル 「鈴鹿でなら1回限りのF1復帰も真剣に検討」
今シーズン限りでF1から引退するセバスチャン・ベッテルは、鈴鹿サーキットであるばらば1回限りのF1復帰を「真剣に検討する」と語った。

鈴鹿サーキットでのF1日本GPで4回優勝しているセバスチャン・ベッテルは、今週末、彼の「カレンダーでお気に入りのトラック」でフルタイムのF1ドライバーとして最後の出場を果たす。

セバスチャン・ベッテルは、F1日本GPの木曜日のドライバー記者会見で、スーパーフォーミュラやスーパーGTのような別のカテゴリーで鈴鹿サーキットに戻ることを検討するかどうか質問された。

この質問に答えたセバスチャン・ベッテルは、F1チームが代役ドライバーを必要とする場合、鈴鹿でならまたF1でスタートを切ることを検討するという驚きの暴露をした。

日本のカテゴリーのことはあまり知らないセバスチャン・ベッテルは「スーパーGTとスーパーフォーミュラは鈴鹿でもレースをしていると思う」と最初に語った。

「分からないけどね。絶対にないというものはない。多くの理由で素晴らしいトラックであり、将来がどうなるかは誰にも分からない」

「もちろん、僕は運転が大好きで、このトラックではいつもとても生き生きとしていたし、情熱を感じてきた。とても生き生きとしていると感じている」

「そうだね、将来どんなタイプの車が出てくるか見てみよう」

「おそらく、将来ここでのレースで彼らの1人(フェルナンド・アロンソ、角田裕毅、ケビン・マグヌッセン、ニコラス・ラティフィと一緒に記者会見に出席)が少し気分が悪くなるったらレースに出るかもしれない。分からないけどね。彼らがそうならないことを願っている。でも、鈴鹿でならいつでもレースに戻っても構わない」

「でも、もちろん、未来が何がもたらされるかを見ることになるだろう。現時点では計画はないけど、日本にはいくつかエキサイティングなレースがあると思うし、どうなるか見てみよう」

F1カレンダーの大部分のドライバーのお気に入りである鈴鹿サーキットは、F1 キャリアの中でセバスチャン・ベッテルにかなり親切であり、11回のスタートで8回の表彰台を獲得し、レッドブル時代には4回の勝利を収めた。

セバスチャン・ベッテルの宣言は、彼がF1復帰を公にほのめかした初めてのことである。2022年末にF1を引退した後、パドックに戻ることを以前には示唆していなかった。

セバスチャン・ベッテルは、2017年に引退した元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンが、インディ500に出場したフェルナンド・アロンソの代役としてモナコGPに出場したことに役立ったリザーブドライバーの役割に関連付けられていない。

鈴鹿でのF1復帰の発言は本気かと質問されたセバスチャン・ベッテルは「将来は1レース、1レースのキャリアだ」と語った。

「ええ、誰かが喜んで1レースのドライバーにサインアップしてくれればね。彼らは喜んで立ち去ることはないと確信しているけどね。でも、それは僕が真剣に検討したいことだ」

セバスチャン・ベッテルの宣言は、長引く後悔や引退の決定の取り消しよりも、鈴鹿サーキットに対する彼の愛を表している可能性が高い。

セバスチャン・ベッテルは、来年1月にF1チャンピオンのミカ・ハッキネンやWシリーズのエース、ジェイミー・チャドウィックらとともにレース・オブ・チャンピオンズに復帰することを除けば、 2023年の計画をまだ示していない。

セバスチャン・ベッテル F1日本GP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1日本GP / アストンマーティン