セバスチャン・ベッテル 「ターン15でロックしたことでQ3を逃した」 / アストンマーティン F1アゼルバイジャンGP 予選
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの予選を11番手で終えた。

「今日は良いペースがあった。辛抱強く、適切なタイミングでラップタイムを出しにいくのを待っていた。残念ながら、Q2のベストラップで少しリスクを取りすぎて、ターン15でロックアップしてしまった」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「大きなフラットスポットが出来てしまったけど、続行できたのはラッキーだった。でも、コンマ4秒は失ったかもしれない。それがQ3に進むあと1つのポジションを犠牲にした理由だ」

「トリッキーなコーナーだし、ダウンヒルでバンピーで風向きも変わる。Q3に楽に進めるペースがあっただけにがっかりしている。その後は赤旗によって挽回する機会はなかった。いずれにしろ、僕たちはポイントのすぐ外からのスタートだ。良いリズムがあるし、良いレースペースがあるので、レースでは改善できると思う」

2021年 F1アゼルバイジャンGP 予選 結果
1.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
3.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
4.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
5.カルロス・サインツ(フェラーリ)
6.ランド・ノリス(マクラーレン)
7.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
8.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
9.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
10.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
11.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
12.エステバン・オコン(アルピーヌ)
13.ダニエル・リカルド(マクラーレン)
14.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
15.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
16.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
17.ミック・シューマッハ(ハース)
18.ニキータ・マゼピン(ハース)
  アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
  ランス・ストロール(アストンマーティン)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン