「セバスチャン・ベッテルの無線は接触自体よりも恥ずべきものだった」と元F1ドライバーが酷評
セバスチャン・ベッテルのアストンマーティンF1移籍後の2021年シーズンは控えめに言っても悪いスタートとなった。4回のF1ワールドチャンピオンは週末を通してチームメイトのランス・ストロールに遅れをとり、レース中に大きな失言を犯した。

昨年、フェラーリF1で困難な状況だったセバスチャン・ベッテルだが、特にベッテルの母国ドイツのメディアは、マッティア・ビノットと彼のチームに責任があると擁護していた。しかし、チームを移籍したことでもはやセバスチャン・ベッテルは隠れる場所はなくなった。

元F1ドライバーのマルク・スレールは、F1バーレーンGPでのセバスチャン・ベッテルにニキータ・マゼピンと同じ最低点をつけた。つまり、ベッテルよりも悪かったのはオープニングラップでクラッシュしたマゼピンだけということになる。

「彼の週末ではなかった」とマルク・スレールは批評した。

セバスチャン・ベッテルにスピードがなかったのもひとつだが、レース終盤のエステバン・オコンに抜かれた後の不器用な接触。そして、その後のチーム無線がさらに心象を悪くした。

セバスチャン・ベッテルは『なぜ彼はラインを変えなければならなかったんだ? 彼がラインを変えたから僕はロックアップした』と無線で語った。

「その後のあの無線メッセージは、衝突自体よりもさらに恥ずべきことだった」とマルク・スレールは語った。


レース後、冷静になったセバスチャン・ベッテルは、マシンを降りてすぐにエステバン・オコンのもとを訪れて謝罪の言葉を述べている。

エステバン・オコンは「ベッテルは無線でのコメントについては語らなかったけど、僕のところに来て謝罪してくれた。そして、彼はそれに対するペナルティを受けた。それで十分だ」

予選でのイエローフラッグ無視で3点のペナルティポイントと5グリッド降格ペナルティを科せられたセバスチャン・ベッテルは、決勝でのエステバン・オコンとの接触に2点のペナルティポイントと10秒加算ペナルティを科せられ、F1バーレーンGPの週末だけで5点のペナルティポイントを科せられた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1バーレーンGP / アストンマーティン