セバスチャン・ベッテル 「フェラーリF1の解雇理由を理解する必要はない」
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリF1を解雇された理由が理解できていないが、理解しようとする必要もないと考えている。

新型コロナウイルスによって2020年の開幕が遅れていた時期、セバスチャン・ベッテルはフェラーリから2021年の戦略として考えていないことを伝えられた。チームは後任としてカルロス・サインツを起用することを決定している。

それまでフェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルとともに続ける意向だと語っていたため、その決定はセバスチャン・ベッテルを混乱させた。

セバスチャン・ベッテルは、8か月が経過しても探していた答えは得られていないが、代わりに理解するために必要な他の質問に焦点を合わせていると語る。

「正直に言うと、(フェラーリの決定を理解する)必要はない。何も変わらない」とセバスチャン・ベッテルは RACER に語った

「僕はそのような見方をしないし、そのような働き方はしない。僕にとって問題はない。僕はそれを完全に受け入れている」

「マティアから電話で伝えられたとき、それは明白だった。反撃したり、他の方法で彼を説得しようとはしなかった。まったくね」

「あるドアが閉まると別のドアが開くと思う。もちろん、少し時間がかかり、どのドアを開けたいかについて多くの問題があった。すべてのチームから選択できたわけではないけど、F1に留まりたいかどうかに関わらず、より長い将来を見据えて自分が何をやりたいかだ。でも、もちろん、僕は自分で決断して、ドアを開けた」

幸運なことに、アストンマーティンF1はセバスチャン・ベッテルにシートを与えた。しかし、それまでにベッテルは引退さえ考えたと認める。

「そのプロセスはおそらく僕たち全員に当てはまると思う」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「新型コロナウイルスによって多くのことが起こった。チームを変えるか、さらにはレースを続けたいかどうかさえ、多くのことを視野に入れるものだ。それが大きく貢献したと思う」

いずれにせよ、セバスチャン・ベッテルはキミ・ライコネンのように長くF1を続けるつもりはないようだ。41歳のライコネンはもう1年F1を続ける。

「自分は40歳のときにF1にいるとは思っていない。あと数年は運転するけど、あと10年ということはない。そのことは意識しておく必要があると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / アストンマーティン