セバスチャン・ベッテル、Q2敗退に「あらゆる手を尽くしたけど・・・」 / フェラーリ F1アイフェルGP 予選
フェラーリF1のセバスチャン・ベッテルは、2020年のF1世界選手権 第11戦 F1アイフェルGPの予選でQ2敗退を喫して11番手だった。

今週末のニュルブルクリンクにむけてフェラーリはアップグレードを投入。チームメイトのシャルル・ルクレールが4番グリッドを獲得したが、セバスチャン・ベッテルは、Q2でチームメイトに0.498秒差をつけられて11番手で予選を終えることになった。

「あらゆる手を尽くしたけど、第1セクターでマシンに本当に苦労していたし、かなりスライドしていた」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「マシンのフィーリングは問題なかったのにQ3に進出できなかったのは残念だ。ペースはまずまずだったと思う。タイヤを自由に選べるので、明日はもう少し運に恵まれることを願っている。フリープラクティスの時間がほとんどなく、午後になって初めてアップグレードを走らせたので、異なる構成の2台を使って比較しなければならなかったけど、それらに大きな違いがないと思う」

「今日は天気が良く、ファンがようやくコース上でマシンを見ることができてので、彼らのために嬉しく思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1ドイツGP