セバスチャン・ベッテル、ローレンス・ストロールとの“肘タッチ”の重要性を否定
セバスチャン・ベッテルは、話題となったローレンス・ストロールとの“肘タッチ”の重要性を否定した。

今シーズン限りでフェラーリF1を離れることが決定しているセバスチャン・ベッテルは、2021年からアストンマーティンへと名前を変えるレーシング・ポイントF1への加入が強く噂されている。

今週末のF1スペインGPでは、新型コロナウイルスに感染していたことでシルバーストンでの2連戦を欠場していたセルジオ・ペレスが復帰。感染を理由に延期されていた発表が行われる可能性があると考えられている。

先週末のF1 70周年記念GPでは、セバスチャン・ベッテルがレーシング・ポイントF1のチーム代表のオトマー・サフナウアーのフェラーリの助手席に乗って移動していることが目撃された。

また、決勝前にはレーシング・ポイントF1のチームオーナーであるローレンス・ストロールとの“肘タッチ”が話題となった。

「パドックでローレンス・ストロールやクリスチャン・ホーナー(レッドブルF1代表)と挨拶するというシンプルな行為が突然大きな話題になるよね」とセバスチャン・ベッテルは Auto Hebdo に語った。

「トト・ヴォルフにも帰り際に挨拶をした。誰かと挨拶することは、皆さんが得らえる最も印象的な交流ではないと思うよ」

一部では、アストンマーティンF1の初年度にマシンに座るのはセバスチャン・ベッテルとセルジオ・ペレスになるかもしれないと考える人もいる。

それは、チームオーナーであるローレンス・ストロールが、息子のランス・ストロールを切り捨てることを意味する。

「C'est la vie(これが人生さ)」とランス・ストロールは Channel 4 に語った。

「仕事上の関係と父親と息子の関係がある。彼がチームから僕を切り捨てたとしても、恨みはない…単なるビジネスであり、そういう流れになることもある」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レーシングポイント / アストンマーティン