ミカ・ハッキネン 「セバスチャン・ベッテルにはSNSで発信してほしい」 / F1ニュース
元F1ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンは、セバスチャン・ベッテルにはSNSを利用して自分の意見を発信してほしいと語る。

現在ではほぼ全員のF1ドライバーが、TwitterでInstagramを通してプライベートライフを公開している。あのキミ・ライコネンでさえ2017年からInstagramをスタートし、日常生活の子供との写真やビデオを頻繁に公開している。

しかし、唯一、セバスチャン・ベッテルはソーシャルメディアにアカウントを開設していない。2020年にフェラーリF1を離脱することを発表したセバスチャン・ベッテルだが、レースが中断期間にある現在、フェラーリの公式プレスリリース以外でその理由に触れることはできていない。

ミカ・ハッキネンは、セバスチャン・ベッテルがソーシャルメディアを通してもっとアクティブになることを望んでいると語る。

「彼と彼の家族について、またはレースについて話すとき、彼は本当に素晴らしい人だ。だが、そのベッテルはメディアと記者会見を通して彼のファンと通信するだけでは不十分だ」とミカ・ハッキネンは F1 Nation podcast で語った

ミカ・ハッキネンは、セバスチャン・ベッテルがソーシャルメディアに登場すれば非常に特別なものになるだろうと期待している。

「彼に他に何をすべきかについてアドバイスをするつもりはないが、彼には公の場でもっと彼自身について明らかにしてほしいと思っている。ファンはそれを愛してくれるだろう」とミカ・ハッキネンは語る。その効果は以前にキミ・ライコネンで見られました。ソーシャルメディアを通じて、ファンは彼の日常生活をより多く見ることができ、それによって彼はファンによりよく理解されている。

2020年はフェラーリF1に残るセバスチャン・ベッテルだが、2021年には新しいチームを探す必要がある。ミカ・ハッキネンは、ベッテルがフェラーリF1を離れる理由は理解できると語る。

「彼はフェラーリにかなりがっかりしていた。チームの喜びはもはやベッテルになかった。彼は多くの批判を受け、チーム内で安心できなくなった」とミカ・ハッキネンは結論付けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ