F1 アラン・プロスト セバスチャン・ベッテル
4度のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、最近のセバスチャン・ベッテルのドライビングは、彼の将来を取り巻く広範囲な噂に影響されていると同情を示している。

今シーズン、フェラーリとセバスチャン・ベッテルはタイトル候補としてシーズンを迎えたが、シーズンの中間段階ですでにチャンピオンシップリーダーのルイス・ハミルトンとの差は100ポイントまで広がっている。

フェラーリ SF90はプレシーズンテストで見せたレースペースを発揮できておらず、セバスチャン・ベッテルは継続的なミスで多くの批判を浴びている。

F1オーストリアGPでの裁定によってF1の現状に不満を述べていたセバスチャン・ベッテルは、少なくとも来シーズン末までフェラーリでF1を続ける意思を表明していた、その矢先となったF1イギリスGPではマックス・フェルスタッペンに追突するという失態を演じてさらに評価を下げ得ることになった。

アラン・プロストは、セバスチャン・ベッテルを取り巻く環境によって本来のパフォーマンスを発揮できなくなっていると同情する。

「シルバーストーンでのフェルスタッペンとのインシデントは彼の判断力が欠けていた」とアラン・プロストは Canal Plus に語った。

「我々は彼が最高の状態ではないことを目にした。彼は追い越され、その直後にポジションを取り戻そうとした。やや難しい大胆な試みだった」

「集中力、モチベーション、判断力の欠如によるものかもしれない。それだけだ。全体的に見て素晴らしくはない」

「加えて、彼にはシーズン末で引退するのかというF1での将来を左右する噂がある。心から誠意をこめて言えば、彼にとって非常に複雑な時期であるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ