F1 セバスチャン・ベッテル アメリカGP
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1アメリカGPのフリー走行2回目を10番手タイムで終えた。

「今日のようなセッションから学べることはあまりないし、それは全員とって同じことだった。僕たちは多くの予選ラップはしたわけではないけど、ウエットで十分に速くないのは明らかだった」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「3グリッド降格ペナルティに関しては、今日のスチュワードは僕の減速時間は27.7秒だったと非常に具体的に言っていた。赤旗が見えて、ターン9とターン10の間のウオールにクルマがスタックしてないかどうかを確認して、ルールに従ってスローダウンした。あまりに長い時間だったけど、僕はそれについてあまりやれることはない。ルールは明確だし、僕たちもそれは知っている。でも、このような状況は今回の気象条件でだけ起こったことだと思うし、ウエットではとにかくもっと遅く走ることになるだろう」

関連:
F1アメリカGP フリー走行2回目 | 悪天候のなかピエール・ガスリーが2番手
F1アメリカGP フリー走行1回目 | ルイス・ハミルトンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ | F1アメリカGP