セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルは、2017年にドライバーペナルティが少なくなるとのニュースを歓迎している。

2017年シーズンのF1では、ドライバー同士が接触した際、“どちらの過失かが完全に明らか”にならなければペナルティを科されないことが決定。また、チャーリー・ホワイティングから報告されたインシデントについて調査するかどうかの判断はスチュワードの裁量に委ねられる。

セバスチャン・ベッテルは「ホイール・トゥ・ホイールのレースはいつだって歓迎だ。人々は決闘がみたいんだしね」と Bild am Sonntag にコメント。

「レースが焦点であるべきだ」

F1:ドライバー同士の接触時のペナルティ基準を変更
F1 2017 レギュレーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ