セバスチャン・ベッテルの2019年05月のF1情報を一覧表示します。

セバスチャン・ベッテル、フェラーリのリアサスペンション問題を否定

2019年5月31日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリのリアサスペンションレイアウトが2019年の問題な主な原因であるとの噂を否定した。

フェラーリのマシンはストレートではうまく機能しているが、コーナーではメルセデスと比較して遅く、空力コンセプトがパフォーマンス不足のひとつの理由だと考えられている。

セバスチャン・ベッテル、今シーズン限りでF1を引退?

2019年5月30日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、今シーズン限りでのF1引退を検討していると噂されている。

2007年にF1デビューを果たしたセバスチャン・ベッテルは、現在F1での13番シーズン目を戦っている。レッドブルでタイトルを4連覇する大きな成功を収めたベッテルだが、フェラーリに移籍してからは望んでいた結果を残せていない。

セバスチャン・ベッテル 「フェラーリは見た目ほど悪くはない」

2019年5月30日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、2019年F1マシン『SF90』は“見た目ほど悪くはない”と主張する。

セバスチャン・ベッテルは、F1モナコGPで2位に入り、今季表彰台を獲得。しかし、メルセデスに開幕から6連勝を許しており、2位に入ったのも、バルテリ・ボッタスがパンクによる2度目のピットインを余儀なくされ、マックス・フェルスタッペンに5秒加算ペナルティが科せられた恩恵を受けてのものだった。

セバスチャン・ベッテル、棚ぼた2位 「レッドブルの方が速かった」

2019年5月27日
F1 セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリにとって難しい週末となったモナコでライバルのミスを最大限に活かして2位表彰台を拾えたことをうれしく思うと語る。

4番グリッドからスタートしたセバスチャン・ベッテルだが、マックス・フェルスタッペンとバルテリ・ボッタスのピットレーンでの接触を活かして2位でフィンニッシュした。

【動画】 セバスチャン・ベッテルがクラッシュ / F1モナコGP(FP3)

2019年5月25日
F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1モナコGPのフリー走行3回目の序盤にクラッシュを喫し、7周しか走行することができなかった。

故ニキ・ラウダのオマージュとして彼のデザインを模した赤いヘルメットでF1モナコGPに挑んでいるセバスチャン・ベッテルは、序盤にサン・デボーテのガードレールにクラッシュ。左フロントを中心にマシンにダメージを負ったが、自力でコックピットを降りており、怪我はなかった。

セバスチャン・ベッテル 「パフォーマンスに少し苦しんでいる」

2019年5月24日
F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1モナコGP初日のフリー走行を3番手タイムで終えた。

セバスチャン・ベッテルは、5月20日(月)に亡くなったニキ・ラウダへのオマージュとして、彼がフェラーリ時代に使用していたデザインをベースとしてヘルメットでF1モナコGPを走っている。

セバスチャン・ベッテル、F1モナコGPでニキ・ラウダ追悼ヘルメット

2019年5月23日
F1 セバスチャン・ベッテル ニキ・ラウダ
セバスチャン・ベッテルは、F1モナコGPでニキ・ラウダにオーマージュを捧げたヘルメットを着用する。

3度のF1ワールドチャンピオンであるニキ・ラウダは、5月20日(月)に家族に見守られながら70歳でこの世を去った。ニキ・ラウダは3度のタイトルのうち、1975年と1977年の2回をフェラーリ所属時に獲得している。

セバスチャン・ベッテル 「僕たちは良い結果に相応しい仕事をしてきた」

2019年5月23日
F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、2019年のF1世界選手権 第6戦 モナコGPへの意気込みを語った。

「モナコは間違いなくシーズンで最も象徴的なレースだ。最初は上り坂で、街の通りを走り抜けて、暗闇のなかで非常に速いトンネルを通り抜けて港湾セクションに入る。本当にユニークだ」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

メルセデス、将来的なハミルトンとベッテルの交代を予想?

2019年5月14日
F1 メルセデス
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、将来的にルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルがメルセデスとフェラーリでマシンを入れ替える可能性があることを示唆した。

ドイツ出身の4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、ドイツの自動車ブランドであるメルセデスのアンバサダーとしては適任であり、トト・ヴォルフは将来的なベッテルのメルセデス加入を除外していない。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム