F1 セバスチャン・ベッテル ニキ・ラウダ
セバスチャン・ベッテルは、F1モナコGPでニキ・ラウダにオーマージュを捧げたヘルメットを着用する。

3度のF1ワールドチャンピオンであるニキ・ラウダは、5月20日(月)に家族に見守られながら70歳でこの世を去った。ニキ・ラウダは3度のタイトルのうち、1975年と1977年の2回をフェラーリ所属時に獲得している。

セバスチャン・ベッテルは、F1モナコGPにスペシャルヘルメットを用意。通常はホワイトをベースにドイツ国旗をデザインしたヘルメットを着用しているベッテルだが、ニキ・ラウダがフェラーリ所属時に着用していた真っ赤なヘルメットをモチーフにしたデザインを採用。背面には表彰台の頂点に立つニキ・ラウダの姿が刻まれている。

セバスチャン・ベッテル 2019年 F1モナコGP ヘルメットセバスチャン・ベッテル 2019年 F1モナコGP ヘルメット②セバスチャン・ベッテル 2019年 F1モナコGP ヘルメット③セバスチャン・ベッテル 2019年 F1モナコGP ヘルメット ニキ・ラウダ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ | ヘルメット | F1モナコGP