F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、今シーズン限りでのF1引退を検討していると噂されている。

2007年にF1デビューを果たしたセバスチャン・ベッテルは、現在F1での13番シーズン目を戦っている。レッドブルでタイトルを4連覇する大きな成功を収めたベッテルだが、フェラーリに移籍してからは望んでいた結果を残せていない。

フェラーリでの5年間でセバスチャン・ベッテルはわずか13勝しかできておらず、そのうちの2年間でチャンピオンシップ2位を2度経験している。

今年、セバスチャン・ベッテルはフェラーリでの日々のなかで最も困難なシーズンを過ごしており、まだ1勝も挙げることができておらず、6戦を終えた段階でルイス・ハミルトンに55ポイント差をつけられている。

ジャーナリストのジョー・サワード「モナコのパドックで広まり始めた最も衝撃的な噂は、セバスチャン・ベッテルがシーズン終了時に31歳でF1からの引退を検討していることだ」とコメント。

「2010年から2013年の間にレッドブルで4つの世界選手権を獲得した後、彼はフェラーリを成功に戻そうとしましたが、彼はいくつかのミスを犯した。そして、今は若く、ベッテルよりも成長率の高いシャルル・ルクレールの到着によってプレッシャーにさらされている」
「2016年にタイトルを獲得した後、再び成功することはほとんどないという事実に気付いてF1を離れたニコ・ロズベルグにある意味で次ぐという選択だ。大きな問題は、もちろん、誰がベッテルの後継者になるかということだ」

「現在、循環している名前は、セルジオ・ペレス、ケビン・マグヌッセン、ロマン・グロージャン、バルテリ・ボッタスだ」

セバスチャン・ベッテルは2020年末までフェラーリと契約している。

一方、セバスチャン・ベッテルのチームメイトのシャルル・ルクレールは、フェラーリとの関係が“限界点”に達しており、チーム離脱を検討していると噂されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ