F1 メルセデス
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、将来的にルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルがメルセデスとフェラーリでマシンを入れ替える可能性があることを示唆した。

ドイツ出身の4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、ドイツの自動車ブランドであるメルセデスのアンバサダーとしては適任であり、トト・ヴォルフは将来的なベッテルのメルセデス加入を除外していない。

「セバスチャンのことはドライバーとしても人としても尊敬している。将来の展望は誰にもわからない」と Bild am Sonntag にコメント。

「我々はドイツの会社だ。ドイツは我々の国内市場であり、ブランドの本拠地だ」

「F1のいくつかポイントで、我々は妥協することなく可能な限り最高のドライバーを乗せる決断をしてきた。しかし、ドイツ人ドライバーがそのレベルにいて獲得可能であれば、それは素晴らしいことだ」

同時に、トト・ヴォルフは、ルイスハミルトンがフェラーリに誘惑されるかもしれない考えている。

「最後の契約に署名したとき、我々はそれについてオープンと話をした」とトト・ヴォルフは La Gazzetta dello Sport に話した

「フェラーリはF1の中で最も権威のあるブランドであり、どのドライバーも彼らと一緒に優勝することを夢見ている。私はそれを完全に理解している」

「その一方で、メルセデスは素晴らしいストーリーを持っている、そして我々は過去の栄光を塗り替えた。それはルイスが誇りに思っているものだ」

「誰にも未来はわからない。個人的には彼が我々と一緒にもっと多くのタイトルを獲得してキャリアを終えることを望んでいる。だが、私は誰もが赤を着たいという願望を持っていることを知っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル / ルイス・ハミルトン