F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、2019年のF1世界選手権 第6戦 モナコGPへの意気込みを語った。

「モナコは間違いなくシーズンで最も象徴的なレースだ。最初は上り坂で、街の通りを走り抜けて、暗闇のなかで非常に速いトンネルを通り抜けて港湾セクションに入る。本当にユニークだ」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「ドライバーとエンジニアにとって、このバンピーなトラックは慣れ親しんだサーキットとはかけ離れた世界だし、さらにチャレンジングなものにしている。クルマは最大の空力ダウンフォースとドライバーが最速ラップタイムを追求するためにウォールすれすれに走るために必要な自信を与えるセットアップが必要だ」

「モナコにはミスをする余地はないし、コーナーはたった7つで、リアルなストレートがないので、オーバーテイクはほぼ不可能だ。そういうわけで予選が重要になる。非常に短いトラックなので、フリープラクティスと予選はいつも渋滞になる。クリーンなラップを探し続けなければならない」

「ここは何が起こるかわからない。トラフィック、バリア、天候など考慮しなければならない変数が非常にたくさんあるからね。そのすべてが結果に何らかの影響を与える可能性がある」

「そして、僕たちはここで良い結果に値すると言わなければならない。僕たちは懸命に仕事をしてきいたし、今も頑張っている。でも、本来達成すべき結果を出せていない。シーズン開幕時に期待していた競争レベルに到達するためには改善するためにやるべき仕事があることはわかっている」

関連:2019年 F1モナコGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1モナコGP