マックス・フェルスタッペン 「今回はハードでQ2突破のギャンブルはない」 / F1スペインGP
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1スペインGPの予選では前戦のようにQ2でハードタイヤでスタートすることを狙うタイヤ戦略を繰り替える素ことにはならないだろうと語る。

先週末のF1 70周年記念GPでは、マックス・フェルスタッペンは、Q2をハードタイヤし、レースをスタートした突破した唯一のドライバーだった。

そのタイヤ戦略が奏功し、第1スティントでメルセデス勢についていき、レース後半に成果を挙げることができたマックス・フェルスタッペンは、最終的にシーズン初勝利を挙げている。

F1 70周年記念GPでは、同じシルバーストンでの1戦目であるイギリスGPの焼き直しにならないようにC2、C3、C4と1段階柔らかいタイヤが投入されたが、今週末のF1スペインGPではイギリスGPと同じC1、C2、C3というピレリの最も硬いレンジのコンパウンドが使用される。

レッドブル・ホンダは、再びQ2でギャンブルを仕掛けるかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「最も硬いコンパウンドを使っているので、ブリスターの問題はないし、管理することができると思う」とコメント。

「もう少し柔らかい方がよかったけど、しょうがないよね」

「コンパウンドは非常に硬いので、シルバーストンでの2週目に行ったほど極端にする必要はないと思う」

マックス・フェルスタッペンは、予選でメルセデスに挑戦することを除外したが、決勝ではレースペースでルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスに挑戦できることを期待していると語る。

「予選は挑戦できるとは思わないし、メルセデスは本当に速い」とマックス・フェルスタッペンは付け加えた。

「決勝はどうなるか誰も予想できないはずだ。今日の走行で手応えを感じることができたので、日曜日どのようなレースになるか今から楽しみだ」

ピットウォールでドライバーのデータを見たばかりのレッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、バルセロナでのミディアムタイヤでのマックス・フェルスタッペンのロングランのパフォーマンスにも勇気づけられたと語る。

「メルセデスの1周あたりペースのアドバンテージは今日もここで見ることができたと思う。非常に競争が高いと思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「マックスのロングラン、特にミディアムタイヤでは本当に競争力があったと思うし、励みにしたいと思う。それは日曜日にむけて有望だし、天気がどうなるかを見てみるつもりだ」

レッドブル・ホンダはシルバーストンではタイヤに長けていたが、アレクサンダー・アルボンはバルセロナではさらに苦戦していると感じている。

「問題はない」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「シルバーストンのようなブリスターはないけど、少なくとも僕たちにとってはそれほど快適ではなかった。シルバーストンはかなり良かった。トリッキーだった。多くのタイヤマネジメントをやらなければならないのは確かだろう」

関連:F1スペインGP フリー走行2回目:ハミルトン首位でメルセデスが1-2。レッドブルF1のフェルスタッペンは0.8秒差の3番手

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1スペインGP