F1 トロロッソ ブレンドン・ハートレー
元トロロッソのドライバーを務めたジャン・エリック・ベルニュは、レッドブルがトロロッソのドライバーとしてブレンドン・ハートレーを起用すると聞いたときは“笑った”と語る。

ブレンドン・ハートレーは、2010年までレッドブルの育成プログラムの一員だったが、ヘルムート・マルコによって解雇され、耐久レースに転向。2017年にポルシェのメンバーとしてル・マン24時間レースを制した。

「レッドブルがハートレーを起用すると聞いたときは笑ったよ」とジャン・エリック・ベルニュはコメント。

「彼はワールドシリーズ・バイ・ルノーでシートを僕に与えるために解雇されたんだからね」

「なんておかしなことだと思ったよ」

ジャン・エリック・ベルニュは、2012年から2014年までダニエル・リカルドとダニール・クビアトとともにトロロッソでF1を戦った。F1デビュー戦では8位でフィニッシュしている。

「初レースで8位でフィニッシュしてチーム内で大騒ぎだった。彼らは本当に幸せそうだった」とは語るジャン・エリック・ベルニュだが、当時は自分はそれほど満足していなかったという。

「僕は『おい、8位だぞ。僕の望んでいる結果ではない!』と言ったんだ」とジャン・エリック・ベルニュは回顧する。

「でも、今戻れるとしたら、間違なく違った反応をしていただろう。ダニエル・リカルドを上回っての8位なので満足していただろう」

「彼は何が起こったのにも関わらず、いつも幸せだった。そこが僕の最大の弱点だったと思う」

その後、ジャン・エリック・ベルニュは、マックス・フェルスタッペンにシートを明け渡すことになるが、うまく受け入れられなかったと語る。

「振り返れば、違った対処ができていたと思う」とジャン・エリック・ベルニュは認める。

「物事の違った捉え方ができるまで厳しい12ヶ月を過ごした。スポーツへのアプローチ方法をだいぶ変えた。起こった全てのことから学ぶことができた」

「フォーミュラEでは、もうF1で傷ついたように落ち込むことはないと思う。今ではクルマの外ではすべての違った目で見ることができる。はるかに優れたグローバルドライバーとしてね」

ジャン・エリック・ベルニュは、2年間フェラーリのF1テストドライバーを務めた後、フォーミュラEに転向。今年はテチーターから参戦し、6戦を終えた時点でランキング首位に立っている。

彼のライバルのひとりは、同じ元トロロッソのドライバーだったセバスチャン・ブエミだ。

ジャン・エリック・ベルニュは、もしセバスチャン・ブエミにハートレーと同じようにF1復帰のチャンスが与えられていたら、“たぶん1年後には解雇されていた”だろうと語る。

なぜそうなるかるついて、ジャン・エリック・ベルニュは、セバスチャン・ブエミは“十分に優れたクルマを得られず、トップチームに選択肢がない”だめだと付け加えた。

そして、ジャン・エリック・ベルニュは、自分のモーターレースキャリアを変えてくれたフォーミュラEに留まることに後悔はないと語る。

「正しいタイミングでフォーミュラEに加わることができた僕はラッキーだった。すぐにメンタルと心の状態が変わった。今ではそれは自分に起こり得る最高のことだったと思っている」

「フォーミュラEに参加したときはF1を離れた僕のキャリアの最も難しい時期だった。でも、後から考えれば、それが僕のキャリアのターニングポイントだった」

「難しい状況やネガティブな状況でも、引き寄せられるポジティブなことはある。とにかくそれを引き寄せるだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャン・エリック・ベルニュ