ストフェル・バンドーン 「ジョージ・ラッセルは今回の機会にふさわしい」 / メルセデス F1サヒールGP
メルセデスF1のリザーブドライバーであるストフェル・バンドーンは、ルイス・ハミルトンの代役として自分ではなく、ジョージ・ラッセルを起用するというチームの選択を尊重していると語った。

ルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスの感染してF1サヒールGPの欠場を余儀なくされたことで、メルセデスF1は代役を起用する必要に迫られた。

メルセデスF1は、ストフェル・バンドーンとエステバン・オコンという元F1ドライバーの二人をリザーブドライバーとしてノミネートしており、元々バンドーンは今週末のF1サヒールGPでバーレーン・インターナショナル・サーキットに帯同することが計画されていた。

しかし、メルセデスF1は、リザーブドライバーのストフェル・バンドーンではなく、ウィリアムズF1と交渉して育成ドライバーであるジョージ・ラッセルをルイス・ハミルトンの代役として起用することを決定した。

「過去数日のニュースの後、みんなもアップデートが欲しいんじゃないかなと思ったんだ」とストフェル・バンドーンはSNSに投稿。

「まず、ルイス・ハミルトンが迅速に回復して、できるだけ早くマシンに戻れることを願っている。本当に彼の代わりは務められる人は誰もいない!」

「もちろん、今週末にメルセデスF1のためにドライブする機会を得られなかったことにがっかりしている。すべてのF1レースに帯同し、多くの時間を捧げてきたし、体力トレーニングやプログラムにコミットして過ごしてきたからね…そりゃあ傷つくよ」

「その一方で、ジョージ・ラッセルをマシンに乗せるという選択を尊重している。彼は傑出したドライバーの一人であり、この機会に完全にふさわしい人物だ」

「このような瞬間は、僕の意欲をさらに多い大きくしてくれるし、100%で頑張り続けることをみんなに保証できるよ!」

「皆さんのサポーティブなメッセージ感謝している! それは見るのは素晴らしいことだった」

「バーレーンのトラックで会おう!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ストフェル・バンドーン / メルセデス / ジョージ・ラッセル