USF1
FIA世界モータースポーツ評議会は、2010年にF1参戦を果たさなかったUSF1に対し、30万9,000ユーロ(約3400万円)の罰金とFIA選手権への参戦禁止を命じた。

USF1は、2010年のF1世界選手権の4つの新チームの1つとして参戦権を得ていたが、シーズン開幕前に参戦準備が整っていないことを認めた。

USF1はエントリーの延期を申請したがFIAは拒否。シーズン開幕戦に出走しなかったことでエントリー資格に違反したとしてどのような処罰を下すかが検討されていた。

23日に開催された世界モータースポーツ評議会で、USF1の代表者は、新コンコルド協定についての不明確な期間と2009年中盤に提案された予算キャップによる“不可抗力”であると主張。また、バーニー・エクレストンが潜在的スポンサーを阻止したとの否定的なコメントを行った。

しかしFIAは、USF1の主張を却下した。

「WMCSは、USF1が調査においてFIAに完全に協力し
、レポーターの質問にもかなりオープンに応じたとみなしている」

「しかし、WMSCは今回のケースにおいて“不可抗力”な出来事がもたらされたとは考えなかった。強制的な出来事は起こっておらず、むしろ資金不足によるものだった」

「むしろ善意のある間、チームは財政管理の乏しさを露呈し、時間内に2010年シーズンに向けてF1マシンを示すこと、そしてそれらに利用する財源の必要性を過小評価していたとみなされた」

「FIAは、バーレーンGPそして2010年シーズンにチームが完全に参戦できないという警告が3週間前になってようやく示されたことはまったく受け入れがたいことだったし、WMSCのメンバーはチャンピオンシップへの影響、そしUSF1の代わりに他のチームが2台のクルマを供給するチャンスを損失することを本当に懸念していた」

FIAは、USF1にチャンピオンシップのエントリー費用と同等の30万9,000ユーロの罰金を科し、FIAの懲戒プロセスで支払いを行うことを命じ、“USF1がいかなる競技において、いかなる方法でも参加する権利を剥奪する”とし、チームの出場資格を取り上げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: USF1