USF1
USF1の資産が競売にかけられ、140万ドル(約1億2800万円)を集めた。

USF1は、2010年のF1エントリーを獲得しながら資金難により参戦できず、チームは消滅。支払いを求める債権者のためにUSF1のシャロット本部の全ての機材が競売にかけられた。

競売には、ごみ箱、コンピュータ、工具、掃除機、フォークリフト、バーベキューセット、ホイール、シャンパンボトルなど427点が出品された。

レースで使用されることがなかったシャシーのカーボンファイバー製の原寸模型は、7,850ドル(約72万円)で売却された。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: USF1