ゾラン・ステファノビッチ
セルビア人のゾラン・ステファノビッチは、彼のプロフェクトがエンジン契約を確保できなかったため、2015年のF1参戦を断念したことを認めた。

2010年にトヨタの資産を使用してステファンGPとしてF1参戦を試みているゾラン・ステファノビッチは、ジーン・ハース、コリン・コレスとともにFIAが募集する2015年以降の新規参戦チームにエントリーしていた。

FIAは、2015年の12番手のチームの決定を延期したなか、ゾラン・ステファノビッチは、彼がもはや候補者ではないという報道を認めた。

ゾラン・ステファノビッチは、最大の問題は、V6ターボパワーユニットに供給に関して、メルセデス、フェラーリ、ルノーのどことも合意に至ることができなかったと Omnicorse に述べた。

「全員が同じフィールドでゲームをしなければならないというのが我々の見解だ」とゾラン・ステファノビッチはコメント。

「だが、既存メーカーのどこともエンジン供給のための契約を結ぶことができなかった。我々は彼ら全員と長い間交渉していた」

「パワーユニットに関する合意に達しなかったので、我々の参戦は危ぶまれた。そして、選択プロセスの最中にストップせざるを得なくなった」

「平等の扱いではなかった。だが、我々はF1での将来がある」

実際、ゾラン・ステファノビッチは、マルシャと交渉していると報じられている。

マルシャとの交渉について質問されたゾラン・ステファノビッチは「数年間でいくつかのチームとコンタクトをとってきた。それは既存の事実だ」

「だが、この時期に進行中の交渉について話す必要はないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ステファンGP