ステファンGP
ステファンGPのゾラン・ステファノビッチが、マルシャF1チームの買収を目指していると報じられている。

ゾラン・ステファノビッチは、2010年にF1から撤退したトヨタの資産を使用したF1参戦を試みたが叶わなかった。

ゾラン・ステファノビッチは、FIAが募集をかけた2015年の新規F1参入チームの申請を取り下げたとみられているが、Omnicorse は、マルシャを買収するために交渉を進めていると報道。交渉は昨年11月から行われていると報じた。

マルシャのオーナーであるニコライ・フォメンコは、2014年レギュレーションの導入でさらに高価になったF1への関心を失っているという。

元ルノーのチーム代表フラビオ・ブリアトーレは、F1のコストの高騰は“狂気”だと述べた。

「現在の危機を考えれば、2億ドル(約204億円円)の予算制限を設けても無意味だ。1億ドル(約102億円)にする必要がある」とフラビオ・ブリアトーレは La Gazzetta dello Sport に述べた。

「チームの30%がシーズンさえ終えられない危険にさらされていることを忘れてはいけない」

ゾラン・ステファノビッチのマルシャ買収報道には、元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロの関連も報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ステファンGP | マルシャ