F1 ルイス・ハミルトン セルゲイ・シロトキン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ブラジルGPの予選Q2でのセルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)とのニアミス事故について説明。シロトキンの動きは“無作法”だったと不快感を示した。

予選Q2の中盤、ルイス・ハミルトンがラインを外してステアリングを左に切ったところにセルジイ・シロトキンが現れ、あわや接触というシーンがあった。

セルゲイ・シロトキンは接触を避けるために芝生まで逃げており、あたかもルイス・ハミルトンがシロトキンの進路を妨害したかのように見えた。

しかし、ルイス・ハミルトンによるとそうではなかったようだ。

「全員がアウトラップだった。僕もセルゲイも僕の前のドライバーもね。アウトラップでラップの終盤に差し掛かっているときはバックオフしてギャップを作ろうとするものだ」とルイス・ハミルトンはコメント。

「僕が知っている限り、あのラップでは後ろに誰もいなかったし、ギャップを作ろうとしていた。そうしたら、ターン11の出口でと突然クルマが迫ってくるのが見えた。

「誰かがラップをしているかもしれないと思ったので、左に動いたけど、そこが彼がいくと決めた場所だった。でも、彼はラップをしていなかったし、本当に彼が何を考えていたのかわからない」

「全ドライバーの間で、僕たち全員がその時点までにスペースを維持することを知っている。一般的にかなり無作法な動きだった・・・」

「彼を邪魔しないようにしたけど、彼はコーナーについて減速してしまった。意味がわからなかったし、完全に不必要なことだった。彼の後ろにはスペースがあったからね。最終的に彼のラップも僕のラップも素晴らしいものではなかった」

「彼が学んでくれることを願っているよ」

2018年 F1ブラジルGP 予選Q2


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | F1ブラジルGP | セルゲイ・シロトキン