F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズF1
セルゲイ・シロトキンは、昨年末のウィリアムズ離脱は両者合意の決定だったと改めて語った。

昨年、セルゲイ・シロトキンはウィリアムズでF1デビューを果たしたが、チームはすでに大きなスランプに陥っていた。そして、わずか1年でシロトキンはシートを失っている。

現在、ルノーのリザーブドライバーを務めるセルゲイ・シロトキンは、数日前に奮闘しているロバート・クビサを見て、チームを離れたことに満足していると認めていた。

「注目すべきことは、誰も僕を追い払おうとしなかったことだ。両者合意の決定だった」とセルゲイ・シロトキンは RT にコメント。

セルゲイ・シロトキンは、彼の支援者であるSMP銀行のレース部門であるSMPレーシングに言及しているようだ。

「全体像を評価して、僕たちはどんなミスを犯していたのか、どの方向に進んでいたのかを理解した」

「したがって、プロジェクト全体といてはこれが最善の解決策だった」

しかし、セルゲイ・シロトキンは、個人的にはウィリアムズに戻ることができれば嬉しいと語る。

「僕はアスリートだし、世界で最も優れたドライバーたちと競争したい。たとえ最も遅いクルマであってもね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルゲイ・シロトキン / ウィリアムズ