F1 セルゲイ・シロトキン
セルゲイ・シロトキンは、マクラーレンとルノーの両方で仕事をすることになったも、各チームにお互いの秘密を流すようなことはしないと誓う。

すでにルノーのリザーブドライバーを務めるセルゲイ・シロトキンは、新たにルノーのカスタマーチームであるマクラーレンのリザーブドライアバーも務めることになった。

「両方のチームでの仕事は似ている」とセルゲイ・シロトキンは Championat にコメント。

「どのように僕の時間を分担していくかはまだ話し合っていないけど、金曜日にはシミュレーター、コース上での作業など、2つのチームに関する情報は開示しないという秘密保持契約にサインしている」

セルゲイ・シロトキンは、両方のチームが同じレースでリザーブドライバーが必要になった場合にはルノーが優先されると語る。

「難しい質問だけど、優先順位はルノーになると思う。それが僕の仮定だ」とセルゲイ・シロトキンは語った。

これまでのマクラーレンのリザーブドライバーの役割はフェルナンド・アロンソが担当していた。セルゲイ・シロトキンとの契約について、マクラーレンF1チームのプリンシパルを務めるアンドレアス・ザウドルは「フェルナンドはあらゆる義務があるため、全てのレースに帯同してリザーブドライバーを務めることは不可能だ」とコメント。

「我々はパワートレイン面でルノーとのこのパートナーシップで密接に協力している。それにセルゲイはシーズンの終わりまでトラックにいる」

「この契約を結び、ルノーとリソースをシェアすることは理にかなっている。緊急の場合には木曜日の朝にはすでにリザーブドライバーが現場にいる。それがこの契約を締結した理由だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルゲイ・シロトキン | ルノー | マクラーレン