「ウィリアムズは2021年F1マシンに集中するべき」とシロトキン
元ウィリアムズのF1ドライバーであるセルゲイ・シロトキンは、ウィリアムズは2021年にむけてはるかに良いマシンを作ることに集中するべきだと語る。

今年、ルノーとマクラーレンでリザーブドライバーの役割を務めたセルゲイ・シロトキンは、2018年にウィリアムズのF1ドライバーとしてチームがバックマーカーに落ちていくのを直接目撃した。

「ウィリアムズはマシンの製造プロセスとメソッドに根本的な計算違いをしていた」とセルゲイ・シロトキンは Izvestia に語った。

「危機の克服には長い時間がかかることは明らかだった。問題はどれくらいの時間がかかるかだ」

セルゲイ・シロトキンは、ウィリアムズが今やらなければならない仕事は、チームの“根本的な基盤”を修正し、2021年の新しいルールの機会に最も強い焦点を当てることだと述べた。

「チームは2021年のマシンに集中する必要があると思う。新しいレギュレーションを最大限に活用しなければならない」

「来シーズンは変更があまりないので、あのようなギャップのあるチームがそれを減らすだけでなく、他チームと戦うことができるかどうかもわからない」

最後に、セルゲイ・シロトキンは、2019シーズンの最終戦アブダビGPで体調不慮のジョージ・ラッセルに代わって走る可能性があったことを明らかにした。

「そうだね、可能性はあった」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

「ウィリアムズチームから要請があって、僕は完全に準備ができいたけど、ジョージは気分が良くなり、週末全体を走ることができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / セルゲイ・シロトキン