F1 ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハがスキー事故に遭ってから4年の月日が流れた。

2013年12月29日、7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、フランス・グルノーブルのメリベル・リゾートでのスキー中に転倒事故を起こし、頭部に重傷を負った。2014年9月にスイスの自宅での療養を開始したとの状況以降、家族はシューマッハの容体については非公開にしている。

事故から4年が経った29日(金)、フェルナンド・アロンソとデイモン・ヒルらがミハエル・シューマッハへの敬意を示した。

フェルナンド・アロンソは、2005年に鈴鹿サーキットで開催された日本GPで130Rのアウトからミハエル・シューマッハをオーバーテイクした動画をリツートし、「これを恋しく思う。ミハエルを恋しく思う」と投稿。

この投稿にジェンソン・バトンは「特別な時間だったね、相棒」とリツイートしている。

フェリペ・マッサはF1公式サイトの動画で「ミハエルは僕の先生だった。彼はとても素敵だったし、ずっと僕に親切にしてくれた。彼が引退することを決めたとき、彼は僕に大きなチャンスを与えてくれた」とコメント。

このコメントに対し、デイモン・ヒルは「彼は僕にはそれほど親切ではなかったよ! でも、僕は彼を許すことにする。お互いをもっと良く知ることができなかったのは残念だ。本当に残念だよ」とTwitterで語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ